福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

千賀の中5日134球の力投に打線応えられず

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア

マリーンズ|000|100|020|3(勝)国吉(S)益田
 ホークス|100|000|000|1(敗)千賀

牧原先頭打者本塁打

最下位ファイターズに2敗1引き分けとし優勝が厳しくなったホークスの逆転優勝に向けての勝負手は中5日でエース千賀の登板。エース千賀の登板に打線は牧原の先頭打者弾で援護。

打線振るわず1得点のみ

牧原の先頭打者弾に続き中村晃はヒットで出塁するがその後の攻撃が続かず結局得点は1点のみ

千賀圧巻の14奪三振も8回に捕まる

初回の1点以降援護の無い中千賀は力投した。7回まで13奪三振。被安打3。完封も見えて来た8回のマウンド、
先頭の藤岡にヒットを許す。マリーンズ打線は送りバントで走者を進めてくる。続く荻野に四球を与え1死2塁1塁。
ここでマリーンズベンチは代打山口を送る山口はライトへヒットを放つが、2塁走者藤岡は3塁ストップ。
1死満塁となり迎えたポイントゲッター3番中村奨吾からは三振を奪ったが、4番レアードはセンター返し。
三森が飛びつき抑え1塁へ送球するも送球は逸れ祖アウトにはならず、その間に二人の走者が生還。続く角中は外野フライに抑えた。

初回の無得点が響く

初回牧原の先頭打者HRの後中村晃、栗原がヒットを放ったが、得点には繋がらなかった。振り返ってみればこれが最初で最後のチャンスだった。この時に取っておかなければいけなかった。ここから優勝するためにはわずかなチャンスも逃さず非情な采配が必要になるかもしれない。

9回甲斐野

9回には甲斐野が登板し、1安打を許したが無失点で終えた。好投していても7回から継投に入る事の多い工藤監督が継投をしなかったのは千賀の投球が素晴らしかったからだろう。

これだけの投球をしながら敗戦投手というのは気の毒だ。

応援よろしくお願い致します!
ブログランキングに参加しています。記事を楽しんでいただけたらバナーをクリックしてくださいますようお願い致します。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
にほんブログ村
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2021 All Rights Reserved.