福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

ソフトバンクホークスファンフェスティバルのホームランダービーの結果

 
この記事を書いている人 - WRITER -

12月5日に行われたホークスのファンフェスティバルで行われたホームランダービーは「山笠レッド」「どんたくブルー」「放生会イエロー」の3チームに分かれそれぞれ千峰、副将(投手)、大将の3人でそれぞれホームラン数を競うものでした。注目は普段打席に立たない投手が入っているところでしょうか。※但し投手は金属バットを使用。

先鋒(1本につき20ポイント)

山笠レッド
真砂勇介
BP(バッティングピッチャー)/牧原大成
結果 2本

どんたくブルー
三森大貴
BP/海野隆司
結果1本

放生会イエロー
栗原陵矢
BP/ 谷川原健太
結果1本

副将(1本につき40ポイント)

山笠レッド
森唯斗
BP/高橋礼
結果3本

どんたくブルー
松本祐樹
BP/ 海野隆司
結果1本

放生会イエロー
千賀滉大
BP/上林誠知
結果2本

大将(1本につき60ポイント)

山笠レッド
柳田悠岐
BP/牧原大成
結果5本

どんたくブルー
リチャード

BP/三森大貴
結果3本

放生会イエロー
中村晃
BP/高田知季
結果5本

結果

山笠レッド460ポイント
どんたくブルー240ポイント
放生会イエロー400ポイント

感想

ファンフェスのホームランダービーで余興的要素が大きく
オールスターのホームランダービーとは趣が異なるものの、
色々な部分で楽しめた。第一には副将として投手が出場した部分。
その中で金属バットながら森唯斗の3本、千賀の2本には驚いた。
盛岡大付属高校で甲子園に出場し、4番投手だった松本祐樹がもっと打つかと思ったが、そうはならなかった。また柳田、晃に並んで大将としてリチャードが出場したのには驚いた。メンバーを決めたのは選手会だろうか。やはり長距離砲としての期待は大きい。
投手がそこそこ打っていたので日本シリーズDHがあっても・・・と思ってしまうがそんなに単純な話ではないだろう。
ファンフェスの余興とは言え日本シリーズ前に投手陣が練習していたバッティングを披露出来て選手も楽しかっただろう。







この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.