福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

もう終わったから言っても良いかな。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

巨人はロッテより弱かった。

日本シリーズ中のヒーローインタビューで巨人と対戦していた近鉄の投手加藤哲朗氏がこう言ってから(本当は言ってない)巨人に4連敗し逆転日本一を奪われた話が有名だが、申し訳ないが今回の日本シリーズの結果はそういわざるを得ないだろう。ロッテはもちろん強い。ペナントレースの直接対決では負け越してるし。ロッテどころかオリックスである。オリックスは山本由伸という多分菅野よりも上ではないかというホークス打線でも中々打てない投手がいる。更に吉田正尚、T岡田という長距離砲もいる。安達了一や宗 佑磨といったリードオフマンもいる。なんでリーグ最下位なの?というチームだ。そういうチームとの対戦の方が怖かった。

日本シリーズを見て思ったことは巨人はベンチに活気が無い
3点ビハインドで走者が二人いるのにベンチがお通夜のようだ。
パ・リーグのチームは5点以上のリードが無いと安心できない。
巨人にはそんな怖さが無かった。
原采配には工夫が無かった。日本シリーズでも横綱相撲を取ろうとしていた。

巨人型チーム作りの限界ではないか

巨人型チーム作りとは、FA等で力のある選手を集め絶対的戦力で戦うやり方。
言葉はあれだが所詮「寄せ集め」チームとして機能していない気がする。
そこに神輿として生え抜きの監督を置いてチームの体裁を整える。
その神輿が絶対的カリスマ長嶋茂雄の時はそのチームでも良かった。
しかし若大将ではカリスマとして弱いのかもしれない。
一度外様でもしっかりしたチーム作りを考えられるGMなり監督を置き、岡本、坂本、菅野を中心としたチーム作りをする必要があるのではないだろうか。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.