福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

小さく見える大きな差

 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本シリーズ第1戦、2戦はソフトバンクホークスの勝利に終わった。
昨年の4連勝からホークスの連勝継続である。
ジャイアンツが弱いのか?そんなことは無いだろう。

その差はなんなのか。
それは 守備、走塁といったSTATSとして身に付きにくい部分にあるのではないか(守備は失策として残るか)?
例えば第2戦の初回。走者を二塁に置いてグラシアルが打ったのはセカンドゴロ。グラシアルは1塁へ全力疾走。そこで2塁手吉川が悪送球。2塁走者はホームに生還。続く栗原がライト前にヒットを放ち、グラシアルは3塁まで走りへどスライディングでセーフを勝ち取る。この時右翼手松原の返球が特に怠慢では無かったと思うがグラシアルは3塁に進んだ、続くデスパイネはサードゴロ。しかし打球が弾みグラシアルは本塁生還。この回ホークスは3点を取っているがグラシアルの件名走塁が無ければ2点。いや1点だったかもしれない。

一方巨人の坂本隼人。4回裏の先頭打者で2球目のスライダーを打ちピッチャーゴロを打ってしまった際にゆっくりと走り出し結局アウトになるのだが結果的に1塁まで走っていない。
確かに投手の石川はしっかり捕球していたし、捕球した瞬間に1塁方向を向き送球体制を取っていた。全力疾走したところでセーフになる確率は限りなく「0」に近いだけでなくベース付近で交錯すれば怪我の危険性もある。
だとしてもだ。6点ビハインドで迎えた4回の裏の先頭打者。3回を一区切りとして考えるなら中盤に入って最初のイニングだ。流れを変えるにはここからだ。
それを僅か2球で投手ゴロ。さらに1塁までも走らない。球数稼いで1塁へ全力疾走なんて3番打者のすることじゃない。そう思っているのだとしたら。今年もホークスが日本一を頂くことになるのだろう。原監督は選手の事を考えて、DH制を受け入れ、セ・パの差をなくすために今後も(DHの導入を)考えた方が良いとも思っている男気ある指揮官だ。しかしそれにチームの選手がキャプテンを筆頭に応えられていないのは気の毒である。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.