福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

東浜の為の1敗

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(11月5日)

ソフトバンク│001│000│000│
ロ ッ テ │000│021│03x│

先発東浜規定投球回と最優秀防御率のかかったマウンド

先発の東浜が規定投球回にあと8回2/3で達する。規定投球回に達すれば最優秀防御率のタイトルもほぼ手中に収める。投手としてタイトルという大きな成果を得ると得ないでは大きな違いだ。しかしチームはロッテに対して勝ち越してパリーグ完全優勝とできるかどうかの大事な試合。勝ちに専念してこれまで通り継投を駆使するのか、」東浜の投球回を優先して継投にはいかないのか難しいところだ。
東浜は4回まで失点を許さない展開。2回には2連打を浴びピンチを作ったが、真砂のスーパープレーでピンチを乗り切る。しかし5回には捉えられはじめ連打を浴び2失点。一方打線は美馬を捉えられず美馬のまずい内野ゴロの処理の間に取った1点のみ。

結局終始ロッテペースになり東浜は流れを作れない。しかし東浜は8回2/3を投げたいしベンチも投げさせたいため継投に入れない。東浜はついにストライクすら取れなくなり押し出しによる失点もしてしまった。チームは敗戦。ロッテに勝ち越せる機会ではあったが東浜と心中することになった。

今シーズンもマリーンズ戦負け越し

対マリーンズ戦は負け越しとなったが、昨年からのカモメアレルギーは払拭された。今日は西武の試合は無かったため、2位西武と3位ロッテのゲーム差は0.5となった。東浜は悔しい登板となったが、この悔しさをポストシーズン、来シーズンにぶつけてさらなる成長を遂げて欲しい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.