福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

福本氏と周東と

 
この記事を書いている人 - WRITER -

周東佑京の連続盗塁記録が9試合連続となり世界の盗塁王福本豊氏の11試合連続に迫る勢いだ。となると達成して欲しいという期待は高まる。連続記録なので途切れたらそこで終わり、また1から積み重ねなければいけない。例えば仮に11試合連続盗塁を周東が達成したとすると周東が世界の福本に並んだ。福本氏の持つ通算盗塁数世界記録にも手が届くのではないかという話になるだろう。
しかしそれは大変に難しいのではないかと私は思う。
それは周東が福本氏に劣っているとかいう個人の話ではない。
福本氏が盗塁で球界を席捲する以前にも盗塁で名を馳せた選手はいたが、福本氏は日本球界に盗塁の恐ろしさを浸透させた選手で、福本氏の活躍と共にそれを止める技術も発展してきた、捕手と投手の共同作業もしかりつまり福本氏のキャリアのスタート時には盗塁阻止技術はまだ確立されていなかったのではないかと思う。福本氏が近代野球の盗塁技術を牽引し同時に盗塁阻止技術も引き上げた。その盗塁阻止技術がキャリアのスタート時からすでに確立されている周東の方が通算盗塁数では不利になるだろうと思うのだ。
恐らく福本氏の盗塁が他球団に警戒されてなんとしても福本を止めろとなったのは1975以降ではないかと思う。それは、それまでの3年間で106、95、94、と異次元の数字だった福本氏の盗塁数が、1975年を境に63と現在の一般的な盗塁王の数字に落ち着いているからである。
さらに福本氏は実働20年と息の長い選手であり更に20年のうち7度の打率3割超え、通算安打数2543安打、通算打率0.921と高打率で決して盗塁だけの選手ではない。
周東は好調の時もあるが平均してみればそれほど打撃が得意と言える選手ではなく例えレギュラーとして起用されたとしてもそこまで出塁ができるだろうかという不安もある。
年齢のこともある。例えば周東が今後毎年60盗塁する選手になったとして(60盗塁は本多雄コーチが現役時代に盗塁王を獲得したときの記録)福本氏の1065盗塁に到達するには17年以上かかる。現在24歳の周東は17年後41歳の年に60盗塁できる選手でいられるかどうかと考えれば難しいのではないかと思う。
奇しくも福本氏の引退時の年齢が41歳である。(因みにその年福本氏は3盗塁を記録している。)
周東は好調の時もあるが平均してみればそれほど打撃が得意と言える選手ではなく例えレギュラーとして起用されたとしてもそこまで出塁ができるだろうかという不安もある。

但しこれは現在の周東と比較しての話だ。今後周東が野球選手として成長していく過程でもっとスケールの大きい選手になるかもしれない。私としては是非そうなって欲しいし、その先の目標には福本氏の通算盗塁数記録があってもいいと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.