福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

ついに10連勝遂にマジック8点灯

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(10月21日)

ソフトバンク│000│020│313│
 日本ハム │010│000│000│

千賀バックのミスで先制点を奪われるも失点はそれのみ

2回中田翔の内野ゴロを周東がファンブルし、走者を出す。続く渡邊諒の打球を3塁松田が手間取り無死1,2塁。内野ゴロ2つで2アウトがノーアウト1,2塁のピンチになっってしまう。ここで大田に先制タイムリーを打たれ1失点。エラー絡みの失点。良くない流れだ。千賀の表情も曇っている。
しかしこのあと千賀は7回途中ピンチを作って降板するまでファイターズに得点をゆるさなかった。

千賀の力投に応え5回に逆転ミスター3ベース周東

5回表女房役の甲斐拓也がヒットを打ち出塁。続く川瀬は送りバントを決め得点圏に走者を送る。このチャンスに2回にミスを犯した周東が3ベースで甲斐をホームに帰す。3塁打の良いところは走者を全員帰した後自身が3塁に残ってプレッシャーをあたえられることだろう。その周東は中村晃の犠牲フライで生還し逆転。この3塁打で周東は3塁打7本とし単独2位になった。

7回中押しの3点

7回表周東は四球を選び出塁。更に2盗みを決め自らチャンスメイク。中村晃も四球で続き、柳田のタイムリーで周東生還。更にグラシアルのタイムリーで中村、柳田が生還。この回3点を取り完全に試合の流れを掴んだ。

9回ダメ押しの3点

9回には柳田が四球を選び出塁(大走釜元)。真砂のヒットで1死1,3塁。明石2点タイムリー。牧原もタイムリーこの回も打線が繋がりダメ押しの3得点。ベテランも若手もレギュラーも控えも繋がった。

投手陣好投守護神10日間のお休み

7回千賀が連打を浴び1死1,2塁で打者西川のピンチを作って降板。代わって嘉弥真の登板。嘉弥真が西川から三振を奪うと代打樋口に対して岩崎翔が登板。岩崎は樋口に四球を与え満塁にしてしまうがこの大ピンチに近藤から三振を奪いこの回終了。8回には泉が登板しいきなり中田翔に2塁打を打たれピンチを背負ったが、そこから三者凡退。9回椎野は三者凡退。千賀の1失点以降を完ぺきに守り抜いた。

工藤政権初の10連勝マジック8が点灯

10月2週目の対マリーンズのカードから連勝が続いている。このカードは今シーズン初めてマリーンズに勝ち越したカードで2戦目の東浜が凄く頑張りチームに勇気を与えた試合だった。
これでマジック8が点灯。
悲願のリーグ優勝が見えて来た。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.