福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

中7日の千賀圧巻6回10三振勝利投手

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ソフトバンク│000│000│400│
オリックス │000│000│000│

オリックス山崎福也も好投息をのむ投手戦

昨日の初戦を笠谷vs山本で勝ち勢いに乗って2戦目。先発は中7日の千賀。
オリックス先発山崎は先頭打者周東を2塁福田のエラーで出塁を許すも後続を断ち初回無失点。ここから二人の投げ合いが始まった。

3回裏福田周平がセンターへ浅いフライ。その打球をセンターの柳田がダイレクトで取るかワンバウンドで処理するのかで判断が遅れたのだろう。結果ワンバウンドし高くはねたボールをバンザイ。あまり見たことのないギータのまずい守備だった。センター後方へ打球が転がる間に福田は俊足を飛ばして3塁へ。1死3塁。絶体絶命のピンチ。しかし圧巻の千賀はこれには動じない。
続く佐野はショートゴロ。ギャンブルスタートの福田を本塁刺殺。
さらにT岡田をセカンドゴロに仕留める。

流れを変えたオリックスの投手交代

両チームとも走者は出したがあと一本が出ない。両投手の今日の投げっぷりを見れば先取点は大きな意味を持つ。7回表先頭打者の栗原がライトへ2ベースヒット。バレンティンは3振。松田も内野ゴロに打ち取られたがその間に栗原は3塁へ進む。栗原が3塁に進んだもののあっという間に2アウト。この回もダメなのか・・・・。しかしここから山崎が四球を二つだし満塁としてしまう。オリックスベンチは山崎に替え右サイドの荒西。この場面にホークスはサウスポーキラー川島に替え代打長谷川。
選球眼の良い長谷川の四球を待つまでもなく、荒西のワイルドピッチで栗原が生還。あっけなく1点の先制。長谷川は四球で歩き再び満塁。
ここで柳田。柳田は3回のミスを取り返す走者一掃の2ベース。
一気に試合を決めた。

7回から無失点リレー

おそらく初回から飛ばしてったであろう千賀は6回で降板次回登板に向け少しでも疲労を蓄積させない方針だろう。
7回にマウンドに上がったのは泉。先頭のジョーンズにいきなりヒットを打たれたが、続く勝俣は低めのツーシームで空振り三振。伏見には内野ゴロを打たせ、これを周東が好プレーで併殺。8回は松本祐樹ピッチャー返しがグローブの下の手首に直撃しヒヤリとした場面もあったが、3者凡退に終わらせた。9回は杉山。長身から繰り出される角度ある150km/h超のストレートと、フォーク、縦スラで3者凡退。クローザーのような投球だった。サファテの引退が濃厚になり、今後森唯斗一人の負担が大きくなりそうな気配を感じる中、後継者育成が始っている。甲斐野もいるのでどちらかが、先発か中継ぎに回ると思うが・・・。楽しみだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.