福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

笠谷大任果たした

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(10月13日)

ソフトバンク│001│000│001│
 オリックス│000│000│000│

登板機関調整により回ってきた先発

ハードな登板で疲労が蓄積しているであろうエース千賀を中6日から1日多く空ける為また次回のマリーンズ戦に向けて週の前半を東浜、石川、千賀で回す為に千賀の登板日をずらした。そこで白羽の矢がたったのが左腕笠谷。今シーズン主にオープナーとして起用され3勝をあげてはいるが、安定感があるわけではない。前回登板は四球が多く攻守のリズムを作れず3回もたずに降板した。

笠谷は序盤バックの好守にも助けられ無難に立ち上がる。懸命に投げる笠谷に打線が応える

周東三塁打で先制点

3回表1アウトから川瀬がヒットで出塁。続く周東は右中間へ大きな当たり。打球はフェンスに当たり外野に転がる。その間に川瀬は生還。打った周東も一気に三塁まで進んだ。しかし周東をホームに迎え入れることはできなかった。
ここから打線が停滞し、追加点を奪う事は出来なかったが、笠谷は粘投で5回を投げ切り、勝ち投手の権利を持ち後続に託した。
2番手6回は高橋礼。7回1岩崎翔、8回モイネロ9回森唯斗と無失点リレーで笠谷の勝利を守った。特に7回岩崎翔は2登板連続で7回にホールド成功。
一歩づつ復活への階段を登っている。
森唯斗は苦労しながらも通算101セーブ目をあげた。いつもどんな状況でも投げる鉄腕は今日もいつも通りに投げた。頼りになる守護神だ。

ロッテも逆転勝ち

マリーンズは、序盤3点のビハインドを背負ったが、守番に逆転し勝利した。
笠谷は千賀の代役を越え笠谷として期待以上の投球をしたのではないだろうか。
やはりホークスは自力で勝ち続行けるしかない。
現在のゲーム差2。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.