福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

厳しい現実ムーア粘投も初戦敗戦

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(10月9日)

ロ ッ テ │200│001│000│
ソフトバンク│100│000│000│

立ちあがりムーア乱調も立ち直る

1回の表、先頭打者の藤原の二塁ゴロの処理を周東がもたつく間に内野安打。2番中村奨吾に四球。3番マーティンには死球。満塁にして4番安田に四球で押し出し井上がサードゴロ。まつだ捕球し本塁へ送球するがが拓也が落球しもう1失点。しかしここでムーアが驚愕のプレーを見せる。福田秀平の放ったライナーを素手でキャッチ。この回最初のアウトを身を賭して取った。そこから三振、外野フライと二つのアウトを重ね立ち直った。

晃ソロHR

いきなり2点のビハインドを背負ってスタートした試合この苦しい展開に晃が1点差に追いつくソロHR

立ち直ったムーア粘投

ムーアは初回に2点を失ったものの2回からは三者連続三振、そこから6回2死までは走者を出しピンチをつくりながらも無失点で耐えた。しかし1点ビハインドのまま耐えるムーアを打線が援護できないまま遂に6回2死から1失点。しかも単打で出塁した田村が盗塁、タッチアップとホークスの守備の隙を付き2死3塁のチャンスを作り、そこで、藤原がタイムリー。敵ながら天晴のうまい攻撃だ。

そのまま追いつけずに敗戦ゲーム差無しの首位

追いつけなかった。あと1点がチャンスも作れず、届かなかった。やはりマリーンズには勝てないのか。何の差なんだろうか。1回の攻撃はエラーではないものの守備のミス。6回の3点目は隙を付かれた格好だ。打線が打てていないという事もある。なんとか細かい部分に気を配ってシーズン終了までにカモメアレルギーを克服して欲しい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.