福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

7回の悪夢山川の一振りで同点

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(10月8日)

ソフトバンク│013│000│000│0│
 西  武 │010│000│300│0│

序盤に投打の噛み合い

2回栗原の2塁打と松田のタイムリーで1点を先制するがその裏メヒアの2塁打と栗山のタイムリーですぐに取り返される。続く3回には打線が頑張り中村、柳田の連打に加え栗原の2点タイムリーで2点。その栗原を甲斐、松田の連打でホームに帰しこの回3点。この回の裏を石川がしっかり押さえると中盤4~6回は散発2安打に抑える。投打の噛み合った展開に今日は一つ取り返せると期待した。すいすいと投げる石川は当然のように7回のマウンドへ。しかし7回はこれまでのようにはいかなかった。日本のヒットで走者をためると、主砲山川の一発で試合は振り出しに。伝家の宝刀パワーカーブが高めへ行き変化も少なかった。
ここから打線も沈黙し同点のまま終盤へ。8回には昨日の敗戦投手モイネロが登板したが昨日の敗戦を引きずらず走者は出したものの無難に抑えた。9回は森唯斗森はいきなり2塁打を打たれ、犠打で3塁に進められた後、打者山川穂高。ここはベンチが申告敬遠を選ぶ。しかし次打者も外崎 修汰外崎も申告敬遠。次の木村はきっちり三振でこの回を無失点で終わらせた。

最終回に大ピンチ。

延長10回には森に代わり高橋礼。
高橋は源田、森友哉に連続四球で自らピンチを作るしかも迎える打者はメヒア。
ここから急に高橋礼が目を覚まし三者凡退。
辛くも同点で試合を終えた。
こうなるともう3連敗しなくて良かったというしかない。打線が不調なわけでは無い。ホームに戻ってマリーンズを突き放す戦いを期待しよう。
頑張れホークス!サアイコー!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.