福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

ここまでくるともう・・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(8月20日)

ソフトバンク│010│100│000│2│ 4
ロ ッ テ │000│000│200│3x│ 5

今日も先制はホークス

1回裏不調にあえぐ松田が先制のソロアーチ。ホークスに良い流れをもたらすと思われた。

先発は予定通り笠谷

昨日の試合で坂東が登板したため笠谷‐坂東のセット登板はできなくなったが、先発は予定通り笠谷。

4回笠谷の好投に応える打線の追加点

3回裏まで笠谷はマリーンズ打線を封じ込め1点のリードを守っていた。4回表先頭の栗原が2ベースヒット。無死で得点圏に走者を置くと。5番明石は送りバント。今日は1点を取りに行く。1死で栗原が3塁に進むと6番上林がタイムリーヒット。2点目を奪った。

笠谷4回余力を残して降板。

2点のリードをもらった笠谷は4回裏を3つの三振で無失点に抑えた。
しかし4回54球で降板し5回裏からは松本祐樹が登板した。

6回菅野の好プレーが流れを止める

6回表先頭の栗原が出塁。続く明石は四球を選ぶ。上林が犠打で1死2,3塁。打者先制弾の松田。非常に良い流れだ。ここで松田のライナー性の当たりをレフト菅野がもダッシュで好捕。タッチアップの準備をしていなかった栗原は帰塁するので精一杯。2死となり走者そのまま。続く甲斐は内野フライでこの回終了。
絶好の勝ち越しチャンスがフイになった。こういう事があるとゲームの流れは相手側に行ってしまう。

松本2本の被本塁打で同点に

松本祐樹は5回、6回と無失点に抑えたが7回中村奨吾、安田尚憲に甘めの変化球を捉えられ2本の本塁打を献上。あっという間に同点に追いつかれた。

勝ちパターンを投入同点死守

7回同点に追いつかれた後、8回にはモイネロ、9回森と勝ちパターンを投入し延長勝負に持ち込んだ。

10回表、川瀬2ベースから勝ち越し

9回表先頭の川瀬は初ヒットとなる2ベース。無死2塁のチャンスに中村晃が犠打走者を3塁へ進めた。このチャンスに打者柳田。最高のシチュエーションだったが、申告敬遠。出塁した柳田は盗塁を成功させ1死3塁2塁。次打者周東はスクイズを試みるが失敗。周東の内野ゴロ(大きくバウンドした)で3塁走者牧原が本塁突入を試みたが本塁憤死。周東は1塁に残った。ここで栗原が二人を帰すタイムリー2ベース。延長線10回表に2点のリードを奪った 。

10回裏の四球

10回裏リードを持ってマウンドに上がったのは泉。泉は四球二つで無死1,2塁のピンチを作り打者は中村奨吾。絶対絶命と思われたがここで泉は中村を併殺に斬って取る。この展開は同点で終わりだろう。と思われたが、続くマーティンに同点2ランを打たれる。ここで泉は降板し嘉弥真 が登板。嘉弥真 は安田にヒットを許し椎野と交代。椎野は井上に四球を与え2死1,2塁。しかもそこからワイルドピッチ2塁走者の鳥谷が生還しこれがサヨナラのホームとなった。

ここまでくるともう絶対勝てないのではないか。という気さえしてくる

ロッテ6連戦早くも2敗してしまったが、今日の試合は攻略されたという感じがないが、取っても取っても追いつかれる感じは何なんだろう。
10回裏は四球を起点とした失点だ。自滅の感じが強い。工藤監督も言っていたブルペンからマウンドに入っていくときの工夫。それをしっかり考えて欲しい。
攻撃面は犠打を上手に使いリードを奪っていったが6回の無得点は痛かった。
しかし攻撃面は貪欲に1点を取りにいく姿勢は続けて欲しい。
そこから対ロッテ戦の光明がみえてきそうな気がする。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.