福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

8回裏の悲劇

2020/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(8月5日)

ソフトバンク│310│010│100│
 楽  天 │100│110│13X│

調子の上がらない千賀

初回、ホークスは栗原のタイムリーと楽天小深田のエラーなどで3得点。
この援護をもらって初回から飛ばしていきたかったが、先頭打者に3塁打を許し、そこから1失点。不安の残るたちあがりとなった。

バレンティン突き放す本塁打

不振にあえぐバレンティンが意地の一発を放った。
開幕当時の4番から結果が出ず徐々に打順を下げ遂に8番まで打順を下げた。
コーチもバッティングに関してアドバイスを送っていたようだが、
バットが大回りして出てくるドアスイングが前の試合くらいからインサイドアウトに代わってきていてシャープなバットの振りになってきていた。
それが今日実を結んだのか弓削の外角高めのカーブを捉えると左中間最深部まで飛ばした。

じわじわと追いすがる楽天

バレンティンのソロHRで再び3点リードに戻したが、浅村に四球を与え、島内にヒット、更にワイルドピッチで1死3塁2塁のピンチを作る。
銀次には内野ゴロを打たせたがその間に3塁走者が生還、また1点を追い上げられる。更に次の回、二本のヒットと四球で更に1点を失う。中盤になっても決定的なリードを守れない。

運命の終盤


千賀は5対3の6回までで降板。
7回表柳田が四球で出塁すると中村晃のヒットでチャンス拡大。
栗原の犠飛で1点を取って突き放した。
千賀は6対3で降板。7回のマウンドには高橋礼に交代した。
しかしその高橋礼も四球と2本のヒットで1失点。6対4とされる。
かろうじてリードを保ったが厳しい展開になった。

嗚呼8回裏モイネロ

2点のリードを守りたいホークスは8回のマウンドに防御率0点台被本塁打0のモイネロを送り込んだがモイネロもイマイチだった。2死までは順調に取ったが、鈴木大地に2塁打。ブラッシュにタイムリーで1点差に詰め寄られる。
更にブラッシュを塁に置いて4番浅村に2ランHRで逆転される。
初球、カーブを狙い打たれてしまった。
これは今後の試合展開を考えても痛い。モイネロの武器の一つ大きなカーブはもう投げにくい。得意なパターンを一つ封じられてしまった。

9回反撃できず

1点のビハインドで9回表何とか1点追いつきたかった。
柳田が出塁し「いけるかも」という期待は感じた。
しかし4番中村が珍しい併殺打。最低でも進塁打を打つであろう中村晃が併殺打・・・・。初回3点を奪い有利に進められたはずの試合展開でリードを増やす事ができず楽天に「まだいける」と思わせ続け遂には逆転を許してしまった。
7回高橋に交代するまでに先発千賀が点差はともかく流れを作れなかった。
初回の3点、バレンティンの一発を考えると、もっとホークスに流れが来ていても良さそうなものだと思ったが・・・。

ありがとうございました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。ブログランキングに参加してますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.