福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

和田毅7回途中2失点で3勝目。西武新打線を退ける

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(7月29日)

 西  武 │000│010│100│
ソフトバンク│210│010│00X│

和田毅被安打6奪三振9

和田毅は前回の西武戦(6月27日)では5失点3回降板という屈辱を味わったが、今回はその雪辱を果たした。特に改造鹿威し打線の2番森友哉、3番山川穂高から5三振とキーマンを徹底的に抑えた。1番鈴木将平はノーヒットに抑え森、山川の打席の前に走者を置くことは無かった。

速攻周東1番抜擢に応える

昨日から1番に起用されている周東が第一打席いきなりの3塁打を放ち2番今宮の犠飛で生還。西武先発松本の立ち上がりを攻めた。

1番から5番までつながる攻撃

先制点を奪った後柳田、中村の連打で1死3塁、1塁このチャンスに5番栗原がタイムリーヒット。これで初回2得点。
周東の3塁打で幕を開けたが、打率3割前後の周東。打って良し、四球を選べば盗塁で得点圏に進む。特に与四球率4.8とコントロールの良くない松本には厄介な1番打者だろう。

5回和田失点

5回表2アウトを取って打者木村文紀。初球低め変化球をレフトホームランテラスへ運ばれる。

柳田すぐさま取り返す1号ソロHR

木村のソロHRで1点を返された5回。その裏に柳田が外角のストレートを外角のアッパースイング。今年良くみせる独特のスイングで逆方向にHR。
西武打線はHRでリズムを作ってくる打線。1本打たれた後のこのお返しでその勢いを止めた。

投打が噛み合い3連勝

和田の好投、上位打線の速攻、柳田の中押し打で日本ハム戦から3連勝。35試合消化で20勝到達。持ちろん首位キープだ。
しかも投打が噛み合う良い形での勝利が続いている。
先発の投球回の少なさ、救援陣の登板数の多さが気にはなるが、特に負担のかかっている投手がいるわけでもないし、まだ気にするほどではないように思う。

本日もありがとうございました

最後まで読んでいただきありがとうございました。ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.