福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

柳田あわや場外弾(※ドーム球場)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア(7月18日)

ソフトバンク│000│001│100│
ソフトバンク│000│000│100│

手に汗握る投手戦29vs29

本日の先発はホークス石川柊太背番号29バッファローズ田島大樹背番号29の「29番対決」二人は初回からすいすいと投げ相手に付け入るスキを与えない投手戦を展開。

投手戦の均衡を破るのはホームラン

0対0のまま6回に突入。こういう均衡したゲームを動かすのは得てしてホームラン。のセオリー通り、柳田がドーム球場の照明等に到達する特大のホームラン。
田島の投じたシュートがほぼど真ん中に入った。若月としては1球前のインコースと同じようなボールを要求したつもりだったのであろう。それが甘く入ってしまった。どれだけ飛んでもソロホームランなので1点だが、オリックスナインの動揺を誘うには十分な一発だった。

7回から今年の勝ちパターン

6回まで無失点で試合を作った石川柊太は要した球数は78球で余裕を残していたと思うが、最初から6回までの予定だったのだろう。6回の裏にはベンチで落ち着いており7回のマウンドに上がる様子は無く、7回裏のマウンドには今年の勝ちパターン高橋礼が登板した。

狙ってやってるなら凄いよT-岡田!

7回裏、先頭打者T-岡田。初球の真ん中のシンカーをピッチャー返しこの打球が高橋礼の右足に直撃。昨日もピッチャー返しの打球が東浜の足に直撃していた。絶対にそんなことないと思うけど狙ってやっているならば凄い。高橋礼は一旦ベンチ裏に引き上げたがすぐに表れ続投。続くロドリゲスを併殺に仕留めたが、その次の若月にHRを打たれ1点差に迫られる。打球直撃~被弾。この流れも一緒だった。

完全なる勝ちパターン

8回にはモイネロ。大きなカーブとコントロールの良い速球で三人に反撃の隙を与えなかった。9回は守護神森唯斗。今年はセーブ失敗も経験しているがやはり守護神は唯斗だ。1点差で打順は吉田正尚、アダム・ジョーンズ、T-岡田の厳しい場面だったが、出塁も許さない完ぺきな内容で試合終了。先発が6回まで試合を作ればなんとかなるようになってきた。ココからの試合は安定して戦えそうだ。バレンティンの打撃がよみがえれば怖いもの無しだと思うが・・・。

本日もありがとうございました。

いつも読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングに参加してますので面白かったらバナーをクリックして投票よろしくお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.