福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

山川を止めろ!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

対西武ライオンズ6連戦は2勝4敗と負け越した。
西武ライオンズの誇る山賊打線には6試合で21点とやりたい放題やられてしまった。中でも4番山川には19打数6安打5本塁打12打点と猛威を振るわれた。
いったいどんな攻めでここまでやられたのだろう。その6本塁打を振り返ってみたい。

1本目 6月24日(2戦目) H4-L0 第一打席

投手石川柊太捕手甲斐拓也次打者外崎修汰

〇1回裏1死走者2塁源田1塁森

①ストレート146km/h ボール
②ストレート147km/h ボール
③スライダー136km/h 空振り
④ストレート148km/h ボール
⑤ストレート144km/h ファウル
⑥ストレート147km/h 右中本

2本目6月26日(4戦目)H0-L0第一打席

投手東浜巨捕手甲斐拓也次打者外崎修汰


〇1回裏2死3塁走者スパンジェンバーグ

①カットボール133km/h 見逃し
②ストレート148km/h 左中本

3本目6月26日(4戦目)H1-L2第二打席

投手東浜巨捕手甲斐拓也次打者外崎修汰

〇走者無し

①カットボール134km/hボール
②カットボール134km/h中本

4本目6月27日(5戦目)H7-L5 第4打席

投手岩崎翔捕手甲斐拓也次打者中村剛也

〇7回裏2死3塁走者源田1塁走者外崎

①ストレート146km/h中本

5本目6月27日(5戦目)H7-L5 第4打席

投手岩崎翔捕手甲斐拓也次打者中村剛也

〇7回裏2死3塁走者源田1塁走者外崎

①ストレート146km/h中本

6本目6月28日(6戦目)H3-L2 第3打席

〇投手二保旭捕手甲斐拓也次打者外崎修汰

6回裏無死走者無し

①ツーシーム137km/h左

考察

1本目は6球目2,3本目は2球目。4本目から6本目は1球目を仕留められている。
山川の集中力が素晴らしく研ぎ澄まされているという事だろうが入りが安易という事も言えるだろう4~6本目は高さがベルトライン。チャートではなく実際の映像を見てみないと何とも言えないが初球の高さは十分に気を付ける必要がありそうだ。6連戦で三振は二つ奪っている。低めのカットボール2球で追い込んでアウトローの変化球に空振り三振。(東浜)もう一つの三振は低めの変化球で2つファウルを打って大きな低めへのカーブで空振り三振(モイネロ)
1本目以外は全部高め(ベルトライン)のストレートかカットボール、ツーシームだ。あとインコースの投球が少ない事も目に付く。やはりしっかりと気を使って戦うべき相手だ。あたりまえだけど。よほど、昨年苦手だった部分を克服してきたのか。山川の対策データを刷新する必要があるのかもしれない。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.