福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

打線組み換え成功。悪い流れを断ち切った。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スコア

ソフトバンク│400│003│011│
 西  武 │301│200│000│

初回から4得点4番バレンティンの犠牲フライ、6番上林の3ラン

1回2死2塁1塁から3ランHRを放った上林誠知

開幕カードを負け越し続くカードの初戦を落とし嫌なムードの中、工藤監督は打線を組み替えた。好調の栗原を1番に起き不調ではないもののいまいち繋がりの良くない上林を6番に下げ、今宮を定位置ともいえる2番に持ってきた。
効果は初回からさっそく現れた。栗原は2球目外寄りの直球を積極的に振って2ベース。開幕から心がける積極性が功を奏した。2番今宮はセカンドゴロに倒れたもののこれが進塁打となり1死3塁。送りバントやHR以外にもこういうチームバッティングができるのが今宮の魅力だ。柳田は四球を選び1死3塁でバレンティンに繋ぐ。バレンティンは高めの初球をきっちり犠牲フライ。これでホークスでの初打点を記録した。

1回裏3点を返され試合は打ち合いの様相に

嫌な流れを断ち切るように最高の立ち上がりだったが山賊打線もさすがに黙ってはいなかった。1死から源田、森と連打を浴び山川の3ラン。先発石川が山賊打線の得意パターンにハマってしまった。
石川はこの回3点を失ったが2回は立ち直った。

追加点を奪えない中石川捕まる

初回以降ホークス打線は点を奪えずにいた。
そして3回裏源田の2塁打、森の外野フライで源田タッチアップ山川犠牲フライで1失点。流石に点の取り方が上手い。無死で源田を2塁においてはいけない。
たとえシングルヒットでも走ってくるだろうから無死の源田は危険だ。
さらに4回裏中村に死球、栗山に四球で無死2塁1塁とし続く木村が送りバント。
ソツない。攻撃だ。山賊打線は攻撃力に磨きがかかっている。
続く金子侑司が犠牲フライ。この回ノーヒットで1点を失った。勿体ない。
さらにスパンジェンバーグがレフトへタイムリー。この回2失点。
初回リードをもってマウンドに上がったものの4回裏には2点のビハインド。
雲行きが怪しくなってきた。

5回裏強心臓津森登場

逆転を許したところでホークスベンチは石川を交代。
キーマンとなっている左打者源田にやはり左の川原を当てる。
川原は左の源田、森を抑え4回終了
何とか流れを掴みたいホークスベンチは5回からのマウンドに先日被満塁本塁打デビューをした津森を指名。
この大砲ぞろいの山賊打線にぶつけるところにベンチの期待が伺える。
津森は最初の打者山川に対して臆することなく果敢に内角を攻め死球を与えてしまう。続く外崎、中村と右の強打者も凡打に退け続く栗山からは三振を奪い、山川に死球を与えた以外はパーフェクトにこの回を締めた。

今宮、ルーキーの奮闘にこたえる3ラン

6回表3ランHRを放ちベンチに迎えられる今宮

ルーキーの奮闘で火が付いたのか先頭打者の甲斐、栗原が連打。そこで2番今宮がもう一つの顔を見せる。4巡目となる先発今井の2球目カーブを引っ張ってレフトへ3ランを放ち再逆転。

以降流れはホークスに

8回は柳田、長谷川の四球で2塁1塁の場面で上林がセンターへタイムリー。
9回甲斐拓也のソロHRでダメ押し。
9回裏には開幕戦でセーブ失敗した森唯斗が登板し2本のヒットを許したものの無事試合を締めた

津森の強気の投球が流れを呼んだ。

5回から登板し強気の投球で山賊打線の中軸を打ち取った津森が流れを呼んだ。
津森に勝ちが付いたことは非常に喜ばしい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.