福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

黒瀬健太×城島健司=?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

球団会長付特別アドバイザーに就任した城島健司氏が育成契約の黒瀬健太にアドバイスを送ったそうだ。

黒瀬健太は高校通算97本塁打(歴代3位)の長距離砲として期待されで2015年ドラフト5位で入団。しかし1軍出場がないまま2018年に育成契約となった。

私自身も右の長距離砲として大いに魅力を感じていたが2年目の春季キャンプで怪我をしたりその年のアジア・ウインター・ベースボールリーグでは守備中に走者と交錯し脳震盪を起こして急遽帰国したりと何かとついてない印象で、高卒のドラフトで1軍までは多少時間が掛かると思ってはいたが、結局ツキの無さもあり1軍出場の無いまま自由契約となってしまい残念に思っていた。

しかし育成契約として再契約し、またチャンスを貰った。きっと王会長も魅力を感じ気に掛けていてくれたのだろう。王会長の想いを言葉にしてグラウンドに運ぶのが「 球団会長付特別アドバイザー」という仕事なのかもしれない。
「王イズム」という流れはあるけれども松中、小久保が引退し秋山前監督も退任し、やはり直接肌で感じていた世代がいなくなった為そういうことを伝える人が必要に」なったのだろう。工藤監督は・・・どちらかというと「工藤イズム」のある人で、優勝請負人というか「新人類」なので・・・投手と野手の違いもあるし。

その城島氏があの黒瀬にアドバイスを送ったとな?まだまだ期待されてるんじゃん!もし黒瀬が金属バットから木製バットの転換に苦しんでいるなら臨時コーチで松中氏を招聘するのも良いのではないかと思っていましたが、城島氏も高卒で入団してきた選手。悩みがわかる部分もあるのでしょう。

しかしこの日は技術的なアドバイスは無し。今後黒瀬はどう変わっていくでしょう?今年の黒瀬の成長に期待したいと思います!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2020 All Rights Reserved.