福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

ギータ生涯ホークス!

2019/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ギータこと柳田悠岐選手が契約更改に臨み3年契約をあと1年のこしているものの新たに7年契約を結んだ現在31歳7年後は38歳となっている。
7年契約といえば平成の三冠王松中信彦選手が三冠王を獲得した2年後の2006年(当時33歳)から7年契約を結び、その年から急激に絶不調(本塁打45→19)に陥ってしまった。
柳田は今年、春季キャンプ時からキャリアハイの成績をマークするであろうと評されていたが、4月に怪我をし復帰までに時間がかかり僅か38試合の出場にとどまった。松中の二の轍にはならないだろうか。

柳田といえば超人糸井を師と仰ぐやはり超人だ。昨年膝の怪我をしていたとしても過去のトレーニングの貯金があるのではないか。実際、柳田は今後の走塁、盗塁にも意欲を見せている。上半身のビルドアップに主眼を置いていた松中とは違い全身をバランスよく鍛えている。また、松中に関して言えば、チームの大黒柱小久保が2003年に巨人に無償トレード、スーパーキャッチャー城島が海外FAと打線の顔が次々と抜ける中打線の要を一人で支えていた。しかし今回は違う。バレンティンをすでに獲得しているし、キューバのデスパイネ、グラシアルも残留要請しているはずだ。柳田一人にマークが集中することも無いだろう。

結局のところ結果がすべての世界。契約上手のソフトバンクの事だから、思うような成績が出ない場合の逆インセンティブも当然盛り込まれているだろう。
正直ファンとしては、ギータが脂の乗り切った30代前半中盤はずっとホークスにいてくれることを決断してくれたのが嬉しい。

来シーズンは今年できなかった圧倒的なキャリアハイを達成して令和の三冠王となって欲しい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.