福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

ドラフト2019

 
この記事を書いている人 - WRITER -

随分と遅い話題になってしまったが今後来年以降の話をする際に不可欠となるドラフトの話をしておこうと思う。

2019ドラフト会議ソフトバンクホークス指名選手

1位 石川 昴弥(内野手)【東邦高】3球団競合の末抽選外れ
1位 佐藤 直樹(外野手)【JR西日本】
2位 海野 隆司(捕手) 【東海大】
3位 津森 宥紀 (投手)【東北福祉大】
4位 小林 珠維 (投手)【東海大札幌高】
5位 柳町達 (内野手) 【慶大】
他育成7名

1位指名で高齢化が指摘されている内野手 石川 昴弥 を指名したが、オリックス中日と競合し、くじを外してしまった。しかし、そこで内野手にこだわらず社会人野手No,1の呼び声高い佐藤直樹を指名し1本釣り出来たのは、ドラフト戦略がしっかりしているというところだろう。今となってみれば、ホークスの外野陣は、今季江川が戦力外、福田が移籍、昨シーズン城所が引退とホークスの強さの源ともいえる控え選手が手薄になっている。上林次第ではあるが、長谷川が半レギュラーのような形で、来季は真砂、田城、コラスあたりが控えとなっていくのではないかと思うがそこには十分割って入っていけるのではないかと思う。
内野手に関しては今年外野守備の多かった周東が2塁に挑戦するような話が出ているので、定着できれば問題は先延ばしにできる。


2位指名の海野は即戦力と言われている。侍ジャパン大学代表として実績も十分だ。
「大学No,1捕手」とも評されている。ホークスは甲斐拓也が背番号を19に変え、正式に正捕手として認知される状況だが、その甲斐のピークの時に次世代を育て始めるというのは、城島健司という絶対的正捕手が抜けた後、その穴を埋めるのに大きな苦労をした経験からだろうか。年齢的には甲斐の5つ下。甲斐のバックアップを務めながら、世代交代を狙っていくような立場になるのではないか。

3位指名でようやく投手津森宥紀を指名した。ホークスは近年投手偏重の指名だった。
そのおかげで今年の新人王高橋礼や、1年目から中継ぎとしてフル回転した甲斐野央のような若い好投手に恵まれ、主力の離脱にも折れることなくシーズンを戦えた。その分野手が手薄になっていたということもあるだろうが、田中正義、杉山一樹、など先発でやっていけそうな芽が十分芽吹いているということもあるだろう。やっと中継ぎとして結果を出し始めた高橋純平も来シーズンからは先発に挑戦したいと言っている。津森は最速149km/hのストレートを投げるサイドスローでタイプとしては独特の球筋で切れの良い球を投げる林昌勇のような投手ということだ。万一高橋純平の先発転向が実現すれば、高橋純平の後任としてセットアッパーを争う存在になってくれれば素晴らしい。その時のライバルは、岩崎翔、加治屋蓮となるだろうが。最近のホークスセットアッパー頼りの面も大きいので十分に出番は期待できるだろう。

4位指名の小林 珠維は投手指名だが高校時代は打者としても注目を集めていた。ホークスの高校生ドラフトらしい。運動センスに溢れた金の卵といったところだろうか。

5位指名の柳町達は東京6大学リーグ4年で101安打を放ったヒットメーカー。内野手指名ではあるが、3塁の他外野全ポジションも守るようだ。複数ポジションを守れるアベレージヒッター。ホークスの補強ポイントにしっかり合致している。

こうしてみると即戦力にこだわる必要のないホークスとしては地味なドラフトだったと言われているが、チームの補強ポイントをしっかり押さえた固いドラフトだったのではなかろうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. L党一筋41年 より:

    ホークスはしっかりとした補強をします。ここが最大の違い。弱点を補強し、育成もしっかりする。強いわけですね

     楽天は憎らしいことしますが、強奪ばかりじゃダメです。育成できてない

     また西武から投手が狙われるみたいです

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.