福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

全てが報われた3年連続日本一

 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本シリーズ対読売ジャイアンツ4連勝で優勝

優勝を決めた試合の先発は不死鳥和田毅

日本シリーズ開幕3連勝し王手をかけた4戦目。先発は2017年の開幕直後に肘の痛みからチームを離脱し、続く2018年には肩の痛みが発症しほぼ丸2年投げていないベテランの和田がこの大事な試合の先発投手に抜擢されるとは・・・。
ほぼリハビリに費やした2年間。復帰できるかどうかの不安もあっただろう。シーズン中にも先発登板があったが「和田完全復活!」と言える内容ばかりではなかった。しかしこの試合5回被安打1奪三振6無失点。大事な試合の先発として今季1ともいえる堂々たる内容だった。

神がかり工藤采配

レギュラーシーズン終盤離脱していた主力が続々戻りさぁやっと万全だとなったが試合結果は芳しいものではなかった。結果的に西武には競り負け2年連続のV逸。チームスローガン「奪sh!」は達成できなかった。ポストシーズン前の1週間は1勝2敗1引き分け。好調とは言えない状態でポストシーズンに突入した。
その何とも言えないモヤモヤのまま突入したクライマックスシリーズ1stステージの初戦先発はエース千賀だったが、シーズン同様打線が繋がらず、この試合を落とす。2戦目から工藤采配が光り始めた。不動のサード松田を外し、サードにはグラシアル。さらに打線には牧原を1番に福田秀平を6番に組み込み中村晃を2番に置いた。中村晃の四球から柳田のタイムリー2塁打、デスパイネの2ランHRと打線が繋がり、今シーズン苦手としていた美馬を攻略した。松田に替え起用した福田が2塁打1本。ソロHR1本と活躍した。中でもソロHRは4回表同点に追いつかれた直後の勝ち越し点となる大きな1発だった。

楽天と1-1になり勝った方がファイナルステージへ勝ち抜け負けた方はシーズン終了となる崖っぷちの試合クライマックスシリーズ絶好調の楽天浅村のソロホームランで先制されたが、クリンナップ3連打で同点に追いつき、7回今シーズン24ホールドのイーグルスのセットアッパー宋から内川が勝ち越しのソロHR。
これでファーストステージ勝ち抜け。

そしてファイナルステージ。工藤監督は松田をスタメンに戻す。その松田が2ベースを含む2安打4打点と大活躍。

ソフトバンクホークスのストロングポイントを語るときに「選手層の厚さ」という言葉がたびたび用いられるが、各選手が出場に向けてしっかり練習し準備できているからこそ起用に応えられるのだと思う。

日本シリーズ3戦目から東京ドームでDH制の使えなくなった試合では、グラシアル、デスパイネの二人をスタメン右翼左翼で起用。グラシアルは2回に同点に追いつくHR。デスパイネは2安打3打点。守備の負担を押して起用した二人がしっかり結果を出した。
2-2と同点の4回表。満塁となると代打長谷川は難なく犠牲フライを打ち、3塁走者内川を本塁に呼び込んだ。

CSファイナル2戦目。先発武田が4回でマウンドを降り救援起用が少しづつ前倒しになったが、8回裏2死から守護神森が登板。森が回跨ぎの登板をしっかり抑えた。

日本シリーズ最終戦では内川をスタメンから外し、福田を一塁起用。
ポストシーズンは一貫して思い切った起用を続けた。

じつにクライマックスシリーズ初戦で黒星を喫してから10連勝で日本一まで駆け上がった。

個人的な印象

やはりポストシーズンの短期決戦はバットを振れるチームが強い。ポストシーズン最初の試合だったクライマックス1stステージの楽天戦は五分五分といった感じだったが、ファイナルステージで待つ西武と比べるとホークスはバットが振れていた。日本シリーズの巨人戦は日程的には同条件だったが、楽天、西武と強打のチームと対戦してきたホークスの方が動きが良かったように見えた。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. L党一筋41年 より:

    v 優勝おめでとうございます

     一発はそうですが相手のミスを逃さない野球見事でした

     4連勝、西武は20回やっても勝てません

    • lovehawks より:

      L党一筋41年 さんありがとうございます。
      正直ホークスナインもライオンズの方が怖かったと思っていることでしょう。
      超重量打線に対峙してきた甲斐君もしっかりと対ホームランバッターの攻め方を勉強させてもらったでしょうし、少しのミスで出塁を許したらそこから試合をひっくり返されるという緊張感も西武ライオンズさんに植え付けられたものです。
      楽天も強かったですし、CSでは戦いませんでしたが、ロッテには勝てず、色々な攻めのパターンを考えさせられたでしょう。高レベルで争っているパ・リーグでしのぎを削ってきたからこそ日本シリーズで1分の隙も見せずに戦えたのではないかと思います。他球団ファンの方に言うのもなんですが、シーズンオフとはなりましたが、今後とも宜しくお願いいたします。入室がめんどくさいですが、掲示板の方にも参加していただけるとありがたいです。掲示板【ホークス!熱血応援団】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.