福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

運命のドラフト!ドウスルドウスル?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

プロ野球ドラフト会議

本日(10月17日)17:00からドラフト会議がある。
ソフトバンクホークスは今年のドラフトの目玉と言われる163㎞/h投手、大船渡高校佐々木朗希投手を1位指名するとみられてきた。

日刊スポーツによる1位予想

【巨人】


<1位>
奥川恭伸投手(星稜)
<外れ1位>
宮川哲投手(東芝)

【DeNA】


<1位>
森下暢仁投手(明大)
<外れ1位>
森敬斗内野手(桐蔭学園)

【阪神】


<1位>
奥川恭伸投手(星稜)
<外れ1位>
西純矢投手(創志学園)

【広島】


<1位>
森下暢仁投手(明大)
<外れ1位>
河野竜生投手(JFE西日本)

【中日】


<1位>
石川昂弥内野手(東邦)
<外れ1位>
河野竜生投手(JFE西日本)

【ヤクルト】


<1位>
奥川恭伸投手(星稜)
<外れ1位>
宮川哲投手(東芝)

【西武】


<1位>
佐々木朗希投手(大船渡)
<外れ1位>
河野竜生投手(JFE西日本)

【ソフトバンク】


<1位>
佐々木朗希投手(大船渡)
<外れ1位>
河野竜生投手(JFE西日本)

【楽天】


<1位>
石川昂弥内野手(東邦)
<外れ1位>
森敬斗内野手(桐蔭学園)

【ロッテ】


<1位>
佐々木朗希投手(大船渡)
<外れ1位>
宮川哲投手(東芝)

【日本ハム】


<1位>
佐々木朗希投手(大船渡)
<外れ1位>
宮城大弥投手(興南)

【オリックス】


<1位>
佐々木朗希投手(大船渡)
<外れ1位>
河野竜生投手(JFE西日本)

複数球団競合と野手の高齢化問題

 ニッカンスポーツによるとパ・リーグの5球団が佐々木1位とされている。
今後のチーム作りを左右する新人登用を運任せ(しかも確立の低い)にはしたくないだろう。(そもそもドラフト会議とはそういうものだが)チームに有用な部分でしかも確立の高い指名をするために1番必要な選手は誰か、確立と必要の最大公約数を見つけることが重要だ。
それではと金の卵の佐々木をチームに照らし合わせてみた時本当に投手を獲得するのが一番必要か?となる。
プロ野球選手の平均引退年齢は29歳らしい。内川(36)松田(35)今宮(27)中村晃(29)柳田(30)甲斐(26)と野手のレギュラーは決して若くない。まだまだ成長著しいの若手もたくさんいるが、プロ野球選手の平均現役年数が9年ということを考えると、彼らとて残された時間は多くないだろう。常に有能な野手の獲得は必要になる。ホークスは近年投手偏重のドラフトだったと思うし、高橋礼、甲斐野央の大活躍で今年も良い成績に終わったと思うと、それは成功していると言える。ではこのまま投手を獲得し続けていいのか、となると先ほど挙げたような問題で苦しい。今年はぜひ野手を取りたい。しかし今年は残念ながら、昨年の根尾、小園のような野手の目玉がいない。そこでU18全日本の4番を務めた東邦高校石川昴弥(いしかわ・たかや)内野手の指名があるかもしれないということらしい。ちなみに石川選手は中日も1位指名するとみられている。
去年根尾選手を獲得したんだからゆずってくれよう・・・。

個人的には

佐々木朗希投手をホークスの魔改造コーチに育てさせて球速がどこまで上がるのか見てみたいという気持ちもあるし、高校生の時に噂に上がった明大・森下暢仁(大分商業出身)とかで九州色を入れてくるかなぁとかも読んでたのですがまぁ野手かなぁという話には納得です。さて17:00~が楽しみだ。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.