福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

ここからだ!クライマックスステージ突破!

2019/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

クライマックスシリーズファイナルステージ感想

楽天を2-1で辛くも破り挑んだファイナルステージは厳しい試合が続くと思われたが予想に反して4連勝でファイナルステージを突破し日本シリーズの挑戦権を手にした。各試合の試合結果と感想を書きたいところだがシリーズ全体の個人的な感想を書きたいと思う。

若手救援陣躍動

今シーズンホークスの継投を支えた、高橋純平、甲斐野央がクライマックスシリーズでも躍動した。二人ともシーズン以上の厳しい場面で登板し、ピンチを切り抜けた。

エース千賀山賊打線の勢いを止めるエースの投球

10日の2試合目7点差から最終的には2点差まで詰め寄られた。ライオンズ打線が息を吹き返す兆しがあったがその次の試合エース千賀が飛ばしに飛ばし8回2安打与四球3無失点と完全に復活の兆しを吹き消した。

神がかり工藤采配

1stステージでスタメンを外した松田をファイナルステージで復帰させると4打点と勝利に貢献。また、9日の初戦8回表2点ビハインドの場面で1stステージ突破を決める決勝本塁打の内川に代え代打に長谷川を送ると同点タイムリー。

森友哉包囲網

レギュラーシーズンで正捕手として扇の要を勤め続け、かつ3番首位打者として打線をけん引した森友哉を11打数2安打と抑えた。森は後逸も目立ちピンチを拡大した。
今年のホークスは走るということが森の集中力を奪ったかもしれない。

西武ライオンズへのリスペクトが生んだ4連勝

西武ライオンズは少しでも波に乗せると一気にいかれてしまうので試合の終盤でも隙を見せてはいけない。という恐怖感がホークスナインに常に緊張感を持たせたのではないかと思う。その結果持てる力を全力でぶつけられたのではないかと思う。

工藤監督の完璧なリスクコントロール

今シーズンは始まる前から故障者が続出し「こんなんで本当に奪sh!なんて言ってられるのか?」という感じだったが、それ以上の離脱者は出さないように徹底し、疲労の見える選手は積極的に休ませた。たとえ戦うメンバーが足りなくなろうとも複数ポジション、継投を駆使し何とか首位を守り続けたが、シーズン終盤ついにスタミナが切れ、西武ライオンズに首位の座を明け渡した。しかし、クライマックスシリーズには野手も投手も好調な選手が揃った。それも目の前の1勝をあえて諦めたあの試合があったからかもしれない。もしスローガン通りにリーグ優勝を奪shしていればクライマックスシリーズ突破は無かったのかも知れない。

実力拮抗パ・リーグ

1stステージもファイナルステージもギリギリの戦いだった。CSに駒を進めることは出来なかったが、ロッテも強かった。ロッテとCSを戦ったら勝てなかったかもしれない。
今年パ・リーグの代表として日本シリーズに進むのはホークスとなったが、一週間時期がずれていたらわからなかった。

試合が終わって

ホークスナインが外野スタンドにあいさつにいった時西武ファンから拍手が沸き起こった。全力で戦えたからこそ沸き起こる相手へのリスペクトだと思う。
2年連続で日本シリーズを 逃すことになったが、ライオンズファンの方々はどうか辻監督を責めないで頂きたい。打点王浅村、エース菊池遊星を欠いても尚、リーグ優勝を成し遂げた手腕は評価されてしかるべきです。こんなに強い西武ライオンズに短期決戦で勝てたのだから、パ・リーグの代表としてジャイアンツを圧倒して日本一を掴み取って欲しい。
頑張れホークス!!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. L党一筋41年 より:

    CS突破おめでとう、いや、実力の差です、

     そりゃ悔しくないと言ったらうそになる、でも投手力のレベルの差です

     まあ四球病、酷すぎというより笑われます。だからあまり怒りはないですね、なんとなくこうなりそうと思ってたから

     またFA問題が始まります。でも西武の課題は投手。豊田清新コーチに期待するしかないです。負けてもいいでも無様な負けは相手に失礼、今オフ投手陣には頑張ってもらうしかないです

     日本シリーズ、ソフトバンクの野球で勝ち上がって、ぜひ日本一になってください

    • lovehawks より:

      失意の中コメントありがとうございます。実力の差どころか4-0という対戦結果とは裏腹に勝負は紙一重だったと思います。ブログにも書きましたがホークスはやはり千賀の投球に尽きます。前日の追い上げの勢いを完全に止めましたから。
      辻監督は素晴らしい監督ですが、僭越ながら感想を言わせていただくと、唯一1戦目の平井から平良の継投がミスだったかな、と感じました。平井は明らかに不満が顔に出てましたし、1年間無茶な要求にも応えて投げてきた投手ですからあそこで降板するとは本人も周りも思っていなかったでしょう。いくら肩はができていたとしても救援投手は気持ちが大事ですから、若い平良にあの状況で一瞬で気持ちを入れろというのは無理がある気がしました。あれでライオンズ救援陣が機能不全になった気がします。(まぁ短期決戦で致し方ないところもあったと思いますが・・・)豊田コーチであればそういう経験も十分選手に伝えられるでしょうから、来年のライオンズは更に怖くなりますね。日本シリーズ頑張って応援します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.