福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

いざCSへ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

明日10月5日よりクライマックスシリーズ開幕

ざんねんながらペナントレースは西武ライオンズに優勝をさらわれ2年連続の2位となったが、下を向いてはいられない明日からは日本シリーズ出場権をかけたクライマックスシリーズが開幕する。まだプレーオフと言われていたころから何度も辛酸をなめさせられたホークスとしては優勝決定後に行われる試合で日本シリーズに出場するチームを決めるなんて馬鹿げた制度は認めたくないのだが、これもルールだと割り切ってベストを尽くして欲しいと願うばかりである。結局勝てば嬉しいしね。

先発投手

クライマックスシリーズ開幕投手はエース千賀で間違いないだろう。
ただ対戦相手の楽天の先発は誰になるだろうか、CS開幕が最も濃厚なエース則本は7月に肘の手術から復帰し5勝5敗防御率3.05対ホークス戦では0勝2敗、防御率8.10といまいちだが、エースは数字だけで語るものでははないだろう。今季攻略に苦労した美馬学は今季則本の抜けた穴を埋める活躍で、8勝5敗防御率4.01しかも対ホークスでは3勝1敗防御率1.97と相性の良さがある。美馬という選択肢も捨てきれないのではないか。もう一人則本と2枚看板の岸孝之だが今季3勝5敗防御率3.56,対ホークスでは1勝2敗防御率5.19と振るわない。余程のことが無ければ則本、美馬だろう。ファイナルステージに備えファーストステージは2連勝で決めたい。

ブルペン

今シーズンのホークスを上位に押し上げたのは昨年同様救援陣の踏ん張りによるところが大きい。長い回を投げれるようになった千賀は良いとして高橋礼のスタミナには不安が残るし、両投手とも長く投げてペース配分するよりも初回から飛ばしていきたい。そうなれば救援投手がどれくらい回復しているかが鍵になる。
特に甲斐野央、高橋純平の二人。あと推野新も含めて3人か。モイネロが復調して8回を任されるようになったので7回以前の登板が予想される。この3人が1回を完璧に抑えられるならば、5~7回というところになるだろう。万一先発が崩れたとしても十分試合を立て直せる中盤だ。

野手

どれだけ出塁、進塁の意識付けを準備しているかが気になる。
シーズン同様に皆が長打狙いではポストシーズンは厳しいだろう。(膠着した試合で必要なのもまた一発ではあるが・・・)

まとめ

苦汁を舐めながら散々聞かされた『下剋上』という言葉は好きではないが、
昨年はリーグ優勝、今年は日本一と段々失っていく感じは悲しすぎる。(順番は逆だけど)
「鷹はまだ死なず」というところを見せて欲しい。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. L党一筋41年 より:

    シーズン中のミスはしないと思う。初戦を捕れば、西武戦かな。もう西武は力がないから気持ち勝負、それしかありません

  2. L党一筋41年 より:

     第2戦、いい勝ち方でした。苦戦もありましたが。

     打線に火が付いた。こうなると西武は厳しいです。でもなんとか明日勝ってください。ソフトバンクとやって負ける、それは悔いはありません。まあどこも厳しいですが、でも今日の1勝、大きいと思います

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.