福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

崖っぷちから西武を猛追連勝!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

9月23日京セラドーム大阪対オリックスバッファローズ23回戦・感想

スコア

ソフトバンク│311│001│200│8
オリックス │000│000│000│0
【勝】高橋礼(12勝5敗)【負】アルバース(2勝6敗)【本】デスパイネ(35号)1回表2ラン、グラシアル(28号)7回表ソロ

中4日の先発高橋礼を助ける序盤から5点の猛攻

今日の先発は初の中4日での登板となる高橋礼。直近2戦は連続で黒星。優勝争いの緊張で投球が縮こまっていたようにも見えたが・・・。
バッファローズ先発左投げのアルバースに対して1番打者に起用されたのは左キラー川島慶三。その川島慶三が1打席目でいきなりのフェンス直撃の3ベース。
すかさず2番今宮がライトへタイムリーヒットで速攻の1点先制。しかし今日のホークスはこれでは終わらなかった。続くグラシアルは三振。4番柳田はライトにヒットを打ったが、今宮が3塁を狙い走塁死。無謀と言えるのかもしれないが、攻めたプレーだ。首位西武を追う立場としてはこれくらいで良い。その今宮のスピリッツが伝染したのか不調だったデスパイネが2ランホームラン。初回から3点。高橋に大きな援護点となった。

序盤で終わらなかったホークスの攻撃

6回表、松田が3ベースでチャンスを作るとフォークの3連投で2ストライクと追い込まれていた甲斐拓也に増井浩俊が尚もフォークを投じこれがワイルドピッチとなり甲斐拓也は振り逃げで出塁。3塁走者松田は生還。相手のミスを突き得点。
7回表、先頭打者グラシアルがこの回から登板した山崎福也のスライダーを捉えバックスクリーンにダメ押しのソロHR。
このところ救援陣の失点が目立ったのでチームにとって大きな追加点となった。
山崎は続く柳田に四球。この柳田には必殺の飛槍代走周東。周東はバッテリーエラーの間に一気に3塁まで進む。ここでグラシアルがレフトへヒットを放ち周東は難なく生還。

高橋礼→推野新の超高低差継投

高橋礼は援護点を貰い伸び伸びと本来のテンポ良い投球を披露。
7回を投げ抜きそこからは最高峰推野が登板。超高低差継投が実現した。
調整のため2軍に行っていた推野だったがしっかりと本来の投球を取り返し戻ってきたようだ。8回を無失点で抑えた。
8点差の9回は肘の故障により戦列を離脱していた石川柊太が登板。
ポストシーズンには是非ともいて欲しい戦力だが、実戦登板の良い機会を得た。
高橋礼はこれで12勝。新人王をグッと引き寄せたことだろう。もっとも新人王のライバルは同じくホークスの甲斐野央だろうが・・・。

感想

追う立場となって硬さがとれたのか本来のホークスらしい投打の噛み合った素晴らしい試合だった。今日西武が負ければ逆にホークスにマジックが点灯する可能性もあったが、ざんねんながら西武も勝利。望み薄くなったリーグ優勝の為には勝ち続けるしかない。ホークスは失うものの無い挑戦者だということを思い出して伸び伸びと戦ってほしい。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.