福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

佳境。ホークスはラストスパートをかけられるか

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ペナントレース終了まであと9試合

ここまでもつれるペナントレースも珍しいのではないか。まさに死闘どのチームも1年戦って残り少ない体力(戦力)で何とか上にあがろうと必死の戦いを続けている。今年はクライマックスシリーズなんていらないのではないか。そんな気もしてきた。こういうペナントレースが数年続くようであればクライマックスシリーズの開催は考え直した方がいいように思う。

さてホークス。これまで首位をなんとか守り抜いてきたが、ついに西武に逆転され首位陥落。西武にマジックまでついてしまった。しかしまだ1ゲーム差、西武が負けホークスが勝てば立場は逆転する。ホークスがここから再度首位に立ちそのままゴールテープを切るために期待できることは何だろうか。

バンデンハークの復帰

春季キャンプで腰痛を発症し、その後右ひじを痛めて離脱していたバンデンハークが復帰するようだ。すでに1軍に合流し練習も再開している。なんとか試合を先発する投手を揃えてはいるが、千賀、高橋礼以外は投げてみないとわからない部分も多い。そこにもう一枚バンデンハークが入ることは大きな意味を持つだろう。先発起用以外にも疲れが溜まっているであろう甲斐野、高橋純平のポジションでも良い。いや、しかしやはり先発だ。

田中正義は今年1軍デビューを飾れるか

今春のキャンプで斉藤和巳はじめ何人かの評論家 の一押しだった田中正義がファームで結果を出し始めたようだ。甲斐野、高橋純平の負担を減らすべく1軍昇格は検討されていないのだろうか。ウエスタンで結果を出したからと言ってポストシーズン直前のこの大変な時期に結果を求められるのは厳しいと思うが、プロ入り前の伝説的活躍を知っているだけに期待したくなる。

石川柊太の存在

今季活躍を期待されながら、いまだ動き出せていない選手はまだいる。
昨シーズン13勝を挙げチーム勝ち頭の石川柊太だ。しかし石川に関しては、まだウエスタンで復帰したというニュースを見ていないが現実的にどうなのだろうか・・・。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.