福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

びっくり高谷今季1号勝ち越し弾

 
この記事を書いている人 - WRITER -

9月5日ヤフオク!ドーム東北楽天ゴールデンイーグルス23回戦

スコア

E2-3H

15年連続勝利をかける中田賢一が今季初登板

中田賢一対美馬で始まったこの一戦。どちらも死球の多い投手で荒れる事が予想されたが中田は1回三者凡退で立ち上がる。

一方ホークス打線はまず1番牧原がヒットで出塁。2番中村、3番柳田と倒れたが4番デスパイネがサード強襲三塁手のグラブを弾き飛ばしてタイムリーヒット。先制点をもぎ取った。1点のリードを貰った後も変わらず中田は落ち着いて投げた。要所でフォークボールが決まり楽天打線に付け入る隙を与えなかった。しかし5回表先頭の渡辺にヒットで出塁を許す。その後辰巳送りバントは上がてしまいサード小フライとなって失敗してしまったが、続く堀内は送りバント成功。2アウトながら茂木の前に得点圏に走者を進められる。茂木には勝負しきれず、四球を与え二死1,2塁。しかし次打者も怖いベテラン藤田。藤田は期待に応えるセンターへのタイムリーヒット。勝ち投手の権利を目前に同点に追いつかれてしまった。ここでベンチは中田を諦め椎野新に交代。

びっくり高谷の勝ち越しソロ

同点に追いつかれた直後の5回裏高谷が今季第1号をライトスタンドに突き刺す。これが勝ち越し点。

感想

中田の15年連続勝利投手はならなかったが今季初登板の割には落ち着いたベテランらしい投球ができていた。状況次第では次の登板もあると思う。これで3連勝。明日からは天敵マリーンズこの勢いも、味方につけ今季ヤラレにやられた相手に雪辱を果たして欲しい。ここでこれまで同様連敗してしまうようならば優勝は遥かに遠のいてしまう。頑張れホークス!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.