福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

山賊打線に和田撃沈ゲーム差0に

 
この記事を書いている人 - WRITER -

8月31日メットライフドーム対西武ライオンズ22回戦、感想

スコア

ソフトバンク│001│210│010│5
 西  武 │511│000│12x│10

初回和田被本塁打2本5失点

2位西武との首位決戦の初戦はエース千賀で落としたが2戦目は復活のベテラン和田に託した。しかし和田は先頭の秋山翔吾から三振を奪った後、2本の本塁打、と3本のヒットを続けて撃たれ5失点。初回から大きなビハインドを背負った。
2回には早くも2打席目を迎えた秋山翔吾にボールゾーンのストレートをレフトスタンドに運ばれた。和田は2回で降板。3回からは松田遼馬、4回からはスアレスが投げた特にスアレスは3回3安打5奪三振と好投し試合を立て直した。

3回から反撃開始

高橋光成の前に初回三者凡退。内川の併殺などでチャンスも作れなかったが、3回拓也のヒットに明石のツーベース、森の失策で1死2,3塁のチャンスを作り、今宮の内野ゴロの間に1点を返す。4回には走者中村を置いて松田の2ランホームラン。5回には無死から明石の打球をサード中村が失策。無死2塁の大チャンス。
今宮柳田はヒットを放てず2死2塁ここでグラシアルのタイムリーヒット。

6回平良に反撃の勢いを止められる

3かいからの勢いのままじわじわと追い上げるかと思われたが、6回から登板した2年目の19歳の平良海馬に完全に勢いを止められた。平良は今後に備えても攻略して気持ちよく投げられないようにしておきたい。

感想

ついにゲーム差0まで詰め寄られた。(引き分けの数によりかろうじて首位ではある。)
打線はやや上向きに見える。調子の悪かったグラシアルが今日は猛打賞。
完全にブレーキになっていた松田が本塁打2打点をあげた。
内川にもタイムリー。内川は内野手の頭上を越え外野手の前に落ちる打球が打てるようになった。
柳田に当たりが出れば破壊力は格段に上がりそうだ。
ゲーム差0にはなったが、まだこれで終わりではない。
明日から開幕と思ってまた一つずつ勝ちにいってほしい。


この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. フェアプレイが一番 より:

    西武ファンですが一言

     そんなに悲観することないと思います、今日は十亀、私の方が頭が痛くなる、ぶっ壊しそうな気がしてならない

     私からすればデスパにはやられそう、だが復帰は早いかな、そして一気にスタメンから育成組の名が消えた。彼らは必死にやっていたので、スタメンにいた方が怖かったように思う

     まあ、ここからは、力の差を見せつけられると思います。層の厚さでは3枚上ですから

    • lovehawks より:

      フェアプレイが一番様コメントありがとうございます。
      コメント承認が遅くなりまして大変申し訳ございません。そんなに悲観はしておりませんよ?
      ソフトバンクファンは悩みが年々贅沢になっているとは自覚しております。
      育成組は計画的に培養しておりますがここぞのゲームプランで名前が挙がるのはやはり実績組なんでしょうね。
      釜元、コラスあたりは昨年の牧原くらいには使ってほしいとは思うのですが、やはりここぞという場面では柳田、グラシアルとなってしまうのも仕方ないかなと思っています。
      それにしてもライオンズ一昔前の投壊一切見られなくなりましたね。
      恐ろしいです。昨年から辻監督の手腕には感服するばかりです。それも大砲を育てるのが抜群に上手いという元々の土壌あってのものなのかなともおもいますが・・・。今年もあと少し思いっきり野球を楽しみましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.