福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

守乱、乱調、大混乱 ミ乱ダ2回途中K.O.

 
この記事を書いている人 - WRITER -

8月24日ZOZOマリン対千葉ロッテマリーンズ20回戦感想

スコア

ソフトバンク│103│000│010│4
ロ ッ テ │450│000│00x│9

打線は二木攻略も・・・

苦手のロッテ戦打線は初回対ホークス3勝0敗の二木から内川、グラシアル、柳田の3連打で先制点を奪取。しかしミランダは波に乗れなかった。1回裏先頭の荻野にソロHRを打たれすぐさま同点。しかもそのあと2番鈴木大地に2ベース。井上のヒットなどで1,3塁とした後、中村奨吾にはピッチャーゴロを打たせたが、この打球を補給した後ミランダは1塁方向へ暴投。失策により勝ち越しを許した。

2回守備でミランダを助けられず

二回裏も失点が止まらない。満塁からマーティンのセンターフライを捕球した柳田はすぐさまバックホーム。わずかに一塁側に逸れさらに距離が足りず本塁手前でバウンド。タッチアップの走者は当然ホームイン。しかも2塁走者の3塁進塁も許してしまった。
このピンチを残してミランダは早々に降板。試合を作れなかった。
後を受けた推野だったがさらに4番井上に四球を与え再び満塁。
続く清田はレフトにヒット。
グラシアルはバックホームを試みたが、ホームの手前でバウンドし拓也は捕球できず2失点。
どちらの送球も失策とするのは厳しい見方かもしれないがしかしこの僅かな隙をロッテに突かれた。

3回表反撃開始

ロッテ先発二木は走者を出しながらも初回の1失点で踏ん張っていたが3回頭から中村稔と交代。
その中村から柳田がライト方向へソロHR。
7番中村晃もライトスタンド上段まで飛ばした。
しかしこの後が続かなかった。

救援3回以降無失点

救援陣は3回以降を無失点と踏ん張ったが逆転することは出来なかった。

感想

打線も頑張った。救援陣も粘った。しかしロッテには勝てなかった。
なにか悪い呪いでもかけられているのだろうか。いやいや今日の敗戦はミランダに尽きる。ピンチに四球を出して逃げているようでは失点はかさむ一方だ。
初回の先制点の後、2点、3点、と追加点を取れていればまた違ったかもしれない。ミランダはリードがあれば強気で投げて試合を作れる投手だと思っている。
この敗戦でマジック点灯は遠のいた。しかしそんなことで凹んではいけない。どんな時も一つ一つ勝っていくことが大事だ。今カードすでに負け越したが一つでも取り返して2-1で終えたい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.