福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

今年のラッキーボーイは栗原陵矢!苦手鴎に今期5カード目で初の勝ち越し!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

7月24日ヤフオクドーム対千葉ロッテマリーンズ14回戦ハイライト・感想

スコア

 ロッテ  │400│000│000│4
ソフトバン
ク│030│100│01x│5

出場成績

1⃣ 牧原大成(中)4打数2安打 1打点
2⃣ 今宮健太(遊)4打数2安打 3打点
遊 西田哲郎 
3⃣ 松田宣浩(三) 3打数0安打(1四球)
4⃣ デスパイネ(指)4打数1安打
5⃣ 内川聖一(一)4打数0安打
6⃣ 明石健志(二)4打数2安打
7⃣ 江川智晃(左)3打数安打
打 栗原陵矢 打数1安打 1打点
走左 釜元豪
8⃣ 甲斐拓也(捕)2打数1安打
打 長谷川勇也 1打数0安打
捕 高谷裕亮 
9⃣ 上林誠知(右)2打数0安打(1四球1犠打)

投手起用

先発 松本祐樹4回2/3、94球被安打6被本塁打1奪三振5与四死球1失点4自責点3
【H】嘉弥真新也1/3回無失点
【H】高橋純平1回無失点
【H】推野新1回無失点
【勝】甲斐野央1回無失点
【S】森唯斗1回無失点

先発松本初回4失点

先発の松本祐樹は初回先頭打者首位打者荻野貴司に2塁打を打たれると2番鈴木大地に全球(6球)変化球で攻め四球。更に三番中村奨吾をサード松田のエラーで出塁させ4番レアードを迎えるという大ピンチ。ここでそのまま流れに飲まれレアードが満塁弾。プレーボールから1死も取ることなく4失点。
ロッテの先発は涌井秀章。今尾ホークス打線では涌井から5点。いや4点取る事は難しいだろう・・・。終わった。これが相性なのか・・・。

好調今宮の一打で追いすがる。

試合開始早々痛烈な一打を浴びてしまったが、2回裏明石の内野安打。続いて江川のヒットで1,2塁とすると甲斐拓也が送りバントを決め、1死2,3塁
続く上林は四球を選び1死満塁打順返って牧原はヒットで1点返した。続く今宮は外角のカットボールにちょこんと合わせ内野の頭を越し外野の前に落とす好打。
これで2点追加。この回3点を返した。あきらめかけていたホークスに再び炎が灯った。

4回今宮の一打で追いつく。

4回裏先頭打者甲斐拓也がヒット出塁。9番上林は犠打を決めチャンスメイク。
牧原は内野ゴロに倒れたが、その間に走者は3塁へ。今宮がヒットで3塁走者を返し、同点。

5回途中先発松本降板

2回の3得点で追いつきかけているホークスだったが、5回表松本は鈴木大地にヒットを許すと、中村奨吾の送りバント、レアードはセカンドゴロに打ち取ったが、走者鈴木は3塁へ。2死3塁で打者は角中。この場面でベンチは松本に代え嘉弥真をマウンドに送った。調子を徐々に上げてきた松本なら打ち取れるのではないかとも」思われたが3番中村に送りバントを命じたロッテベンチの執念に対してホークスベンチももう1点もやらないという強い気持ちを見せた。
嘉弥真新也は角中に対してフルカウントとしたが最後はスライダーで空振りを奪いこの回終了。

8回裏明石と栗原の逆転劇

8回裏明石がセンターへのヒットで出塁すると、江川に対して昨日プロ初の本塁打を打った栗原を代打に送る。明石は栗原への3球目2塁盗塁を決めた。
栗原が5球目アウトローのシンカーを捉え2塁走者明石は勝ち越しのホームイン

総括・感想。

よーいどんの満塁弾は試合を決められたと思った。
しかし、珍しく打線は大振りにならず繋いで繋いで逆転まで持っていった。
こういう勝ち方ができるときは強い。
また昨シーズンのまきはらのようにここにきて栗原がラッキーボーイとして輝き始めた。
救援投手の無失点リレーも素晴らしい。苦手のロッテに今期5カード目にしてようやく勝ち越しとなった。これからどんどん取り返していってもらいたい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.