福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

どうしたホークス!?

2019/07/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

7月19日楽天生命パーク対東北楽天ゴールデンイーグルス15回戦

スコア

ソフトバンク│000│000│001│1
 楽  天 │000│040│01x│5

出場成績

1⃣ 上林誠知(右)4打数1安打1打点
2⃣ 牧原大成(遊)4打数0安打
3⃣ 内川聖一(一)3打数0安打
4⃣ デスパイネ(左)3打数0安打
遊 西田哲郎 
5⃣ 長谷川勇也(指)3打数0安打
6⃣ 松田宣浩(三)3打数0安打
7⃣ 明石健志(二) 2打数0安打 1四球
8⃣ 甲斐拓也(捕)2打数0安打
打 栗原陵矢 1打数1安打
9⃣ 釜元豪(中)2打数1安打
打 塚田正義 1打数0安打

投手起用

【負】先発 千賀晃大6回122球被安打6被本塁打1奪三振8与四死球4、失点4自責点4
田浦文丸1回無失点
川原弘之1回1失点

5回裏茂木の本塁打から千賀崩れる

初回から千賀、美馬共に無失点だったが、序盤魔界毎回走者を出した千賀と毎回の三者凡退の千賀の差は歴然。それまでギリギリで踏ん張っていた千賀が5回裏ついに捕まった。5回裏先頭打者辰巳を抑えた後の茂木栄五郎に3ボール1ストライクとカウントを悪くした後5球目の高めストレートを高々と内上げられ打球はそのままライトスタンドへ。緊迫した試合が一発で動き始めた。
島内にもライトフェンスに達する打球を打たれ外野手が打球の処理に手間取る間に島内は3塁へ到達。1死3塁の場面で迎えた打者は浅村。浅村への3球目に投じたフォークがホームベースの手前でワンバウンド。甲斐も止められずその間に島内が生還。千賀は序盤から制球が悪く、カウントを悪くする場面が目立った。それでは踏ん張っていたが、ついに踏ん張り切れなくなった。
7月4日以来の登板となったが、登板間隔が空いたことが原因だろうか。

打線沈黙美馬にあわやノーヒットノーラン

ついにグラシアルが離脱したものの、内川デスパイネがスタメンに戻り、長谷川勇也も今季初となる1軍昇格で即スタメンと打線に厚みを持たせた打線だったが、楽天先発美馬の前に8回までノーヒットノーラン。
確かに美馬は好投したのだろうが、チームとして立ち向かえていたか甚だ疑問だ。エースが投げているのに援護できなかったことも残念だ。

総括・感想

後半戦に入って一つも勝てていない。いったいどうしたのだろうか。交流戦前にも凄く調子の悪い時期があったが交流戦をきっかけに調子が上向いた。何かきっかけがあればまた上がれるはずだ。そのきっかけがなんなのか。柳田の復帰であれば、長すぎる。今いる選手たちで打開していかなければならない。明るい材料としてはここにきて救援陣に厚みが増してきたことが幸いだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.