福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

8回裏あとアウト一つが遠く連勝ストップ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

7月7日京セラドーム大阪対オリックスバッファローズ15回戦ハイライト・感想

スコア

ソフトバンク│100│100│00│
 オリックス│000│000│05│

出場成績

1⃣ 明石健志(一)
2⃣ 牧原大成(二)
3⃣ 内川聖一(指)
4⃣ デスパイネ(左)
 釜元豪
5⃣ グラシアル(右左)
6⃣ 松田宣浩(三)
7⃣ 上林誠知(中右)
8⃣ 甲斐拓也(捕)
9⃣ 高田知季(遊)

投手起用

先発 松本祐樹7回2/3111球被安打3、被本塁打0、奪三振7、与四死球2、失点2、自責点2
【嘉】弥真新也0回1失点
推野新1/3回2失点

好調内川のタイムリーで初回先制

1回表2番牧原がヒットで出塁した後昨日2打点の3番内川がタイムリーツーベース。初回から松本を援護した。

4回追加点

4回表の先頭打者松田がレフトへツーベース。上林は1球目からバントの構えだったが1球目は失敗。二球目で松田を3塁に送った。松田が3塁に進むと甲斐拓也が即犠牲フライを放つ。これで2点目2点のリードとなった。

両先発好投。

松本が無失点に抑えている間に打線が2点を奪取。一方オリックス先発竹安も4回以降は粘投し、追加点を許さない展開。
それでも松本祐樹はヒット2本に抑えて、オリックス打線に付け入る隙を与えなかった。6回裏終了時に77球完投、完封の可能性も感じさせた。

8回裏遠かった3つ目のアウト

8回も松本がマウンドに上がったが、中川、小島をテンポよくアウトに取った後後藤駿太に四球を与えてしまう。続く宗には二球目のカーブを打たれ2塁打、
2アウトながら2,3塁の大ピンチ。このピンチに打者は福田周平。ここでベンチは左の嘉弥真新也への継投を選択。嘉弥真は福田のアウトローに2球投げたが、ストライクは入らず苦しいカウントになる。そこからインハイを狙ってストレートを投げたがこれがやや内に入り、その球をセンターにフライを打たれる。

センター釜元が猛ダッシュでチャージをかけダイレクトキャッチ・・・・したに見えたが、これがワンバウンド捕球。二人の走者が生還し同点。土壇場で追いつかれてしまった。

8回裏に3人の継投でなかなかアウトが取れない

嘉弥真の後を推野が繋いだが推野も中々あと一つのアウトが取れず苦しんだ。
結局この回5失点とビッグイニングになった。

9回得点かなわず、連勝ストップ

3点ビハインドとなってしまった9回表、甲斐拓也がディクソンから四球で出塁を勝ち取ったがそこからチャンスを広げることができず、そのままゲームセット。

総括・感想

松本が8回裏2死から苦しんだ。それまでの投球から考えると7回終了時に83球であれば交代は無いだろう。釜元の守備は惜しかった。紙一重だった。
あの逆転劇を生んだのは後藤俊太の四球ではないだろうか、それまで付け入る隙のない松本に対して追い込まれる前に早打ちしてくれていたのが、そこでじっくり球を選んで四球を勝ち取った。この四球が流れを変えた。
松本祐樹は7回1/3被安打3で勝ち投手とはなれない不運な試合だったが、これだけの投球ができればそのうち背番号66の似合うローテーションの中心投手となれるだろう。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.