福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

二保旭先発初勝利!苦手山本を粉砕

2019/07/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

7月5日ほっともっとフィールド神戸対オリックスバッファローズ13回戦

スコア

ソフトバンク│000│400│000│6
オリックス │001│000│010│2

出場成績

1⃣ 明石健志(二)3打数0安打1四球
2⃣ 牧原大成(中)4打数0安打
打右塚田正義 1打数0安打
3⃣ 内川聖一(一)5打数1安打
4⃣ デスパイネ(指)5打数2安打
走指釜元豪 
5⃣ グラシアル 4打数3安打 1打点
走左周東佑京
6⃣ 松田宣浩(三)4打数2安打 3打点
7⃣ 上林誠知(右中)4打数1安打
8⃣ 甲斐拓也(捕)4打数2安打 1打点
9⃣ 高田知季(遊)4打数2安打

投手起用

先発 二保旭6回100球被安打3、被本塁打0、奪三振2、与四死球2、失点1、自責点1
武田翔太2回1失点、被本塁打1
松田龍馬1回無失点

二保、3回福田への四球から1点を失う

3回裏安達から三振を奪った直後福田周平に四球を与えてしまう。更に大城に打たれたヒットで福田は一気に三塁へ。1死三塁打者3番吉田正尚のピンチを背負ってしまった。ここでは慌てずに吉田をチェンジアップでセカンドゴロを打たせたが、併殺は取れず、その間に福田が生還してしまい1失点。ホークスは対ホークス防御率0.00の山本を相手に非常に重たい1点のビハインドを背負う。

4回内川のヒットをきっかけに山本を攻略

4回表の先頭打者内川がインハイのストレートを打つと打球は狭めてあった1,2塁間をすり抜けライト前へ。つづくデスパイネは三振に倒れたが、グラシアルがタイムリー3ベース。1点を返し同点とし、尚も1死3塁のチャンスを作った。
そこから4本のヒットをつるべ打ち。この回一挙4得点で逆転に成功!

二保旭粘投6回1失点

4回に1点を失った後二保は走者を許しながらも得点は許さず6回100球を投げ切った。

8回表勝負を決める追加点

8回表グラシアルがレフトへヒットを放つ。代走周東。周東は1塁上から東名にプレッシャーをかけ続けると、ストレートが高めに抜けてしまう。松田がそれを見逃さずバックスクリーンに放り込んだ。

今日も終盤は継投で守り切った。7回からは武田翔太。武田は吉田正尚に自慢のカーブをフルスイングされると、打球はライトスタンドに着弾。
9回からは松田遼馬。松田は無失点で締めくくった。

総括・感想。

二保の粘投が光った。山本のように圧倒するピッチングは出来ないが、ストライク先行を心がけ、余計な四球も出さなかった。
二保は支配下登録8年目にして先発初勝利。
打線がついに山本を捉えた。とらえた球は上林以外は真ん中より高めだったようだ。思い切って低めは捨てていったのかもしれない。だとしたら打線で投手を攻められたことになる。







この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.