福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

高橋礼敗戦投手。交流戦優勝おあづけ。

2019/06/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

6月22日東京ドームセ・パ交流戦対読売ジャイアンツ2回戦

スコア

ソフトバンク│000│010│001│2
 巨  人 │003│001│30x│7

出場成績

1⃣ 上林誠知(中)
2⃣ 高田知季(二)
3⃣ 内川聖一(一)
4⃣ デスパイネ(左)
5⃣ グラシアル
6⃣ 松田宣浩(三)
7⃣ 甲斐拓也(捕)
8⃣ 川瀬晃(二)
9⃣ 高橋礼(投)

投手起用

先発 高橋礼4回65球、被安打5、被本塁打0、奪三振3、与四死球0、失点3、自責点3
高橋純平1回無失点
嘉弥真新也1回1失点
松田遼馬0回3失点
加治屋蓮2回無失点

高橋礼3回裏4連打で3失点

先発高橋礼は1回裏に1安打を許していたが、いつも通りテンポよく巨人打線を抑えていたが3回裏、1番亀井から4番岡本まで4連打を浴び3失点。

5回表のチャンスに高橋に代打栗原高橋は4回降板

3点のビハインドを背負った5回表ホークスは松田、甲斐が2連打。川瀬が内野ゴロの間に2塁走者松田が三塁へ進塁。決定的なチャンスを作ったところで投手高橋礼の打席。工藤監督はかなり悩みながらも高橋に代打栗原を送る。
代打の栗原は内野ゴロだったが、目論見通りに三塁走者をホームに帰す。

松田遼馬アウトを取れず満塁

4番手で登板した松田遼馬は1アウトも取れないまま満塁にしてしまい、森唯斗と入れ替わりで1軍に昇格した加治屋蓮と交代しマウンドを降りる。

加治屋流れを止められず。

無死満塁のピンチを引き継いだ加治屋だったが、最初の打者亀井にツーベースヒットを打たれ2点。続く坂本の外野フライが犠牲フライとなり1点。松田の出した走者を全て返した。

9回昨日のヒーロー福田秀平登場

9回表ジャイアンツ投手沢村からグラシアルが四球で出塁すると代走に周東。
周東は続く松田の内野ゴロの間に2塁へ進塁。続く甲斐は沢村から四球を選ぶ。
2死1,2塁として代打に昨日のヒーロー福田秀平。
福田はライト線深くにヒットを打ち2塁走者はホームイン。1点を返した。
しかし追い上げもここまで。このまま7-1で敗戦となった。

総括・感想

3点ビハインドの5日のチャンスで焦りすぎだったか・・・。
5回。ギリギリの選択だったと思う。5~9回で3点追いつく計算は難しかっただろうか・・・。いずれにしても取り合えず1点は欲しかっただろう。
セットアッパーが誤算だった。松田遼馬はピンチの方が力を発揮する。加治屋と松田は順番がだっただろうか。加治屋は昨年の好調時の投球はとりもどせたのだろうか?今日は場面的にもビハインドだったので鍛冶屋の状態を試すには格好の機会だということでの登板だったのだろう。
今日の試合で勝てば交流戦優勝が決まるところだったが、おあづけとなった。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.