福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

老當益壮内川聖一勝ち越し弾

2019/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

6月15日ヤフオクドームセ・パ交流戦対横浜DeNAベイスターズ2回戦

スコア

D e N A│100│000│002│3
ソフトバンク│101│101│10x│4

出場成績

1⃣ 福田秀平(右左一)
2⃣ 上林誠知(中)
3⃣ 内川聖一(指)
4⃣ デスパイネ(左)
中 釜元豪(中)
5⃣ グラシアル(一)
 周東佑京
6⃣ 松田宣浩(三)
7⃣ 明石健志(二)
8⃣ 甲斐拓也(捕)
9⃣ 川瀬晃(遊)
 高田知季

投手起用

【勝】先発 高橋礼7回99球、被安打4、被本塁打0、奪三振4、与四死球2、失点1、自責点0
【H】モイネロ1回無失点
【S】森唯斗1回2失点

内川聖一指名打者グラシアル一塁デスパイネ左翼
不慣れな守備位置で先制点を許す。

ホークスのスタメンは内川がDH、グラシアルが一塁デスパイネが左翼と恐らく今季初めての布陣で臨んだ。
初回先発高橋礼は先頭打者神里にヒットを許した後、二つのゴロアウトを取ったが、その間に神里は3塁へ。続くソトにも1,2塁間にゴロを打たせたがこの球を一塁グラシアルが処理に向かい捕球できず。捕球して走者にタッチ、もしくはどこかの塁に送球していればイニング終了だったが3塁走者がホームインしてしまいベイスターズに先制点を許した。打球が転がったのは1塁と2塁の丁度間。通常なら一塁手はベースカバー。打球は2塁手が処理するところだろう。役割分担が浸透していなかったのか、分担を確認するほどのこともない常識なのか、不慣れな守備位置が仇となった。

1回裏即1点を取り返す

先制点を許してしまったその裏二人目の復帰2試合目上林誠知の2塁打を皮切りに、内川四球、デスパイネ死球で1死満塁のチャンスを得る。
続くグラシアルのショートゴロの間に3塁走者ホームインで同点とし、なおも2死1,3塁。続く松田は真ん中低めのフォークボールを打ち上げレフトフライ。

3回裏福田、上林と倒れ3人目の内川はインコースのカーブを大きく打ち上げたが、この打球の勢いは衰えず、レフトスタンドへ。勝ち越しの追加点となった。この内川の技ありの一発はなんとなく前日の敗戦を引きずった重苦しい空気を振り払う大きな一打となった

グラシアル初回の守備のミスを取り返す一打

3回裏に内川のソロHRで1点リードした4回裏お先頭打者グラシアルは外寄り高めのストレートをライトスタンド前列に放り込んで畳みかける追加点となった。

外角高めをHRにしたグラシアル
外角高めをHRにしたグラシアル


1回裏に失策で1点を失う要因となったグラシアルが取り返す格好となった。

6回裏ダメ押しの1点

3-1と2点リードで迎えた6回裏3番内川から始まる打順で内川、釜元と凡打に倒れ2死からグラシアルが2塁打。2死ながらチャンスを作るここでベイスターズは先発井納に変わり2013年までソフトバンクに在籍した藤岡好明
藤岡はホークスの選手で対戦してみたい選手として松田宣浩をあげていたが、打者は奇しくもその松田は藤岡の決め球カットボールをセンター前へ弾き返し、グラシアルはホームイン。ダメ押しの1点となった。

9回ドキドキの唯斗劇場

高橋礼は7回99球で降板。8回はモイネロが投げた。モイネロは一つ四球を出したがその後の3人をきっちり抑え9回は守護神森唯斗・・・だったが。
森は先頭のロペスにいきなりのソロ被弾。4-2と2点リードに詰め寄られる。
続く乙坂にもカーブをヒットにされる。
続くソトへの初球に低めに落ちるカーブを選んだが、その球がワンバウンド。更に拓也の股下をすり抜け拓也には珍しい後逸。その間に乙坂は2塁へ進塁。無死2塁とピンチを作る。このピンチにソトをショートゴロ。
中井にはセンターへヒットを打たれピンチを1,3塁へと広げた。
このピンチに代打佐野。佐野はカウント1-1から外角低めのフォークボールをバットの先でライト前へヒット4-3と1点差まで追い詰められた。
続く神里にはサードゴロを打たせ捕球した松田はサードベースを踏み、1塁へ送球。送球はやや本塁側に逸れたがグラシアルに代わって一塁を守っていた福田は塁を離れ捕球しそのまま打者走者にタッチ。一旦は打者走者アウトを宣告されたが、ラミレス監督からリクエスト要求。しかし判定は覆らず試合終了となった。

総括・感想

昨日のエースでの敗戦が尾を引いているのか何となく重苦しい雰囲気だったが、先制された後、すぐに取り返し、追加点を着々と奪い試合を有利に進めた高橋礼も1回以外はテンポよくピンチも作らず安定した内容だった。
高橋礼は7勝目
9回3てリードでマウンドを受け継いだ森は1点差まで詰め寄られたが、最後は踏ん張って19セーブ目

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.