福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

和田毅復活坂の頂上はまだ遠く・・・。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

6月13日ヤフオクドーム交流戦対阪神タイガース2回戦ハイライト・感想

スコア

 阪  神 │000│202│220│8
ソフトバンク│001│001│000│2

出場成績

1⃣ 福田秀平(右中)4打数2安打(1本塁打)2打点
2⃣ 今宮健太(遊)4打数0安打
 高谷裕亮 
3⃣ グラシアル(左)4打数1安打
4⃣ デスパイネ(指)4打数0安打
5⃣ 松田宣浩(三)4打数0安打
6⃣ 明石健志(二) 2打数1安打1四球
7⃣ 内川聖一(一)3打数0安打
8⃣ 釜元豪(中)2打数0安打
打右塚田正義 1打数0安打
9⃣ 甲斐拓也(捕)2打数0安打 1四球
 川瀬晃

投手起用

先発和田毅5回1/3、107球被安打7、被本塁打1、奪三振2、与四死球2、失点4、自責点4
高橋純平 1回2/3失点2
松田遼馬 1回失点2
嘉弥真新也1回無失点

和田復活白星に向けてのマウンド

先発の和田毅は6月5日の中日戦で5回2失点の結果を出し、次こそは勝利投手との期待を持っていた。序盤3回までは無失点に抑え、いけるかもと思わせたが4回原口にインコースのストレートをライト前にうまく落とされ走者を背負うと続く梅野に高めに浮いたシュート(多分ツーシーム)をレフトスタンドに運ばれ2失点。拓也の構えは低めだったが浮いてしまった。和田はコントロールを乱して投球がままならなくなる投手では無いが、逆球の多い投手ではある。それで球界を代表する左腕としてここまでキャリアを積み上げてきた。

この日も序盤の3回は無失点に抑えたが、逆球も多かった。
3回裏に野手が繋いで繋いで1点を先制した直後だけに流れを悪くする大変痛い逆転となった。

1番福田一人気を吐く2打点

この日1番に入った福田秀平は3回裏阪神サード大山の失策で出塁し釜元、甲斐の内野ゴロの間に進塁した内川を三塁に置いた打席で初球をセカンド方向に打ち打球は多少弾んだものの、2塁手糸原が捕球し1塁に送球。二死であるため福田がアウトになればイニング終了だ。しかし福田は魂のヘッドスライディングでセーフ。タイムリー内野安打。1点を先制した。
福田は6回裏にも初球を打ちソロホームラン。

福田3回裏気迫のヘッドスライディングで先制のタイムリー内野安打
福田6回裏にソロホームラン

和田5回1/3 1点ビハインドで降板

和田は逆転された次の回(5回表)を3者凡退で切り抜けると6回表のマウンドに上がった。この時点で球数は87球。6月5日の登板では5回78球同点で降板しているので、和田にとってもベンチにとっても未知の領域だったが、前回登板のあともう一回投げていれば勝ち投手だった可能性もあっただけに「まだ行けたかも」と言う後悔があったのかも知れない。しかしこれが裏目に。糸井,大山に連続ヒットを許し、続く原口は打ち取るも、その次の梅野に2点タイムリー。糸井のヒットは勝負の結果、糸井が勝ったと言って良いが大山のヒットは和田にとってアンラッキーだった。続く原口は大山と同じような打球でサードゴロアウト。
その次の梅野の所で倉野コーチが出てきて何か確認していたが、1塁が空いている状況で、4回に本塁打を打っている梅野と勝負するのか、その次のマルテと勝負するかの確認だろう。ここでバッテリーは梅野勝負を選択。
フルカウントとして7球目見逃せばボールのチェンジアップに梅野がバットを出しこれが内野手の間をすり抜けレフト前へ転がり2点タイムリー。

6回表低めの球を打ち2点タイムリーとした梅野の打撃

中継ぎ陣踏ん張れず

和田の降板後、高橋純平、松田遼馬とマウンドに上がったが二人で4失点。
最終的には阪神に8点を奪われた。

総括・感想

和田の逆球は今に始まったことでは無いので、こんな日もあるよなぁと言う感じだ。それよりも初回の3者凡退にはストレート、変化球共にキレを感じた。
それよりも深刻なのは打線では無いかと思う。出塁の為の工夫がもっと必要なのかもしれない。3回裏にはノーヒットで3塁まで走者を進める攻撃が出来た。
一昨日のメッセンジャーにしろ昨日の青柳にしろ、打てないと感じたら、もっと泥臭く何かやってみるべきではないのか。いつも横綱相撲が取れるとは限らない。例えば3塁大山の守備があまり良くないことが分かっているので、3塁方向にプッシュバントをやりつづけるとかピッチャーが処理しようとして足でも捻ってくれれば儲けもんじゃないか。
昨日はクリンナップが全然打てていなかったが、その前に走者が出ていなければクリンナップガ打ったところで・・・だ。
昨日の試合の収穫と言えば和田が前回登板以上の回数、球数を投げたこと、復帰した嘉弥真新也が1回無失点と好投したことだろうか。
和田は再度登録抹消となったが、107球を投げれたことでまた少し何かが変わるかもしれないし次に期待する物も多い。まだまだ登り始めたばかりの復帰坂だから。

6回降板する和田
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.