福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

NEW松本祐樹1軍初先発へ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

本日(6月9日)広島カープ戦の先発は松本祐樹と発表された。
松本祐樹は2014年ドラフト1位で入団した。
松本の高校時の投手としての評価は
150km/h超のストレートに加え多彩な変化球を投げ分ける。


ソフトバンクは早い段階で松本1位指名を決めていた。
高校3年時の地方予選で肘を痛めてしまった。松本を1位指名候補にしていた他の球団は指名を回避した。しかしソフトバンクは松本の評価を変えず、1本釣りに成功した。

かくしてソフトバンクに入団した松本は2013年に引退した大エース斉藤和巳の代名詞ともいえる66番を貰った。

しかし入団1年目(2015年)は右ひじのリハビリに費やした。
鳴り物入りで入団し、エースナンバーを背負いながらも2軍での登板すらできない日々というのは19歳の若者にはあまりにも辛かっただろう。

リハビリを終え2016年フレッシュオールスターに出場した。1軍公式戦にも出場し1イニングを投げ1失点。ようやくプロ野球選手としてのスタートを切った。
2017年には1軍で10試合に先発し、2勝4敗防御率4.78。背番号の期待には応えられていない。
2018年には登板数を減らし、6先発1勝2敗。まだ物足りない。
2019年自主トレで千賀、東浜ら
(東浜は、鴻江スポーツアカデミーでの勉強が合わなかったようだが・・・)
と鴻江スポーツアカデミーに参加。体の作りが横回転に適した体ということを指摘される。そこでサイドスローで投げることを決意し、

今年はこれまでウエスタンで11試合を投げ、防御率がウエスタントップの1.72。
1軍昇格に十分な実績を残し満を持しての1軍昇格だ。
高校時代は打撃も高校通算54本塁打で二刀流と言われていた。
交流戦で昇格するのも何かの縁を感じる。

今日の大活躍を期待している。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.