福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

首位奪還。両チーム合わせて23安打。勝敗を分けた失策の数

 
この記事を書いている人 - WRITER -

5月29日対オリックス11回戦ハイライト・感想

スコア

ソフトバンク│110│200│001│5
 オリックス│011│000│00│

出場成績

1⃣ 川島慶三(二)5打数1安打1打点
2⃣ 今宮健太(遊)4打数2安打
3⃣ グラシアル(左)4打数2安打1打点(1本塁打)1死球
一 福田秀平
4⃣ デスパイネ(指)3打数1安打1打点2四球
5⃣ 松田宣浩(三)3打数1安打2四球
6⃣ 内川聖一(一)5打数1安打
走左 周東佑京
7⃣ 美間優槻(右)3打数1安打
右 牧原大成 2打数0安打
8⃣ 甲斐拓也(捕)3打数2安打
9⃣ 釜元豪(中)4打数3安打2打点

投手起用

先発【勝】 大竹耕太郎6回被安打8、被本塁打0、奪三振2、与四死球0、失点2、自責点2
【H】武田翔太1回無失点
【H】モイネロ1回無失点
【S】森唯斗1回無失点

ホークス4本の併殺打を打つも3失策に救われる

ホークスは1回、4回。5回、6回とささん併殺打を打つが失策にも助けられ、特に4回には二つの失策で2点に繋げた。

釜元プロ初猛打賞

昨日1番に起用され3三振だった釜元は9番に打順を下げ3安打2打点と大暴れした。

大竹6回2失点

先発の大竹耕太郎は序盤から援護点をもらうもすぐに同点に追いつかれた。
しかし、そのままずるずると失点をせず5回は3者凡退でおさえるなど踏ん張り中継ぎに繋いだ。

総括・感想

両チームとも二ケタ安打の試合だったが、エラーの分だけホークスが有利に試合を運んだ。オリックスはチームの転換期であり、仕方ないところもあるのだろう。何はともあれ、昨日の負けを取り返した。楽天が負けたため首位も即奪還となった。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.