福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

継投裏目で連勝ならず。やはりロッテは苦手なのか。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

5月25日対ロッテ11回戦ハイライト・感想

スコア

ソフトバンク│001│002│000│3
 ロ ッ テ│110│000│20x│4

出場選手

1⃣ 釜元豪(中)3打数1安打(1本塁打)
2⃣ 牧原大成(二)4打数1安打
3⃣ グラシアル(左)3打数0安打2四球
4⃣ デスパイネ(指)4打数0安打
5⃣ 松田宣浩(三)4打数1安打
6⃣ 内川聖一(一)4打数0安打
7⃣ 福田周平(右)4打数2安打1打点
8⃣ 甲斐拓也(捕)2打数1安打1打点 1四球
 川島慶三 1四球
 高谷裕亮 
9⃣ 高田知季(遊)3打数0安打

投手起用

先発 高橋礼 6回1/3 被安打6、被本塁打1、奪三振3、与四死球6、失点3、自責点3
【負】松田遼馬 2/3回被安打1、被本塁打1、失点1
武田翔太1回 被安打1

先発高橋礼序盤から不安定

先発の高橋礼は序盤からストライクが入らず、カウントを整えることにも苦労し、1回2回と失点した。
特に2回の平沢大河に打たれた本塁打は際どいコースを全てボールと判定されフルカウントとなったところで投げたストレートが甘く入った。平沢の打順は8番
走者無しで1死の場面だったので万一四球で出塁を許したとしても、9番吉田でアウトを取って、2死1塁で1番荻野という計算もしたのだろうか。場合によっては、吉田で併殺をとれたかもしれないし、平沢が盗塁して、盗塁死を狙えたかもしれない。そんな不確定要素に期待するわけにはいかないと思うが、結局本塁打を打たれ失点してしまった結果から考えると、四球を恐れるよりもそれまで通り
低めを気にして投げるわけにはいかなかっただろうか。

高橋礼5回から急に調子が良くなる

前述のとおり調子がイマイチな高橋礼だったが、5回から急にいつもの調子を取り戻した。ストライクゾーンの中の緩急で勝負できるようになり5回6回と3者凡退で切り抜けた。

高橋の好投に呼応するようにホークスに流れが来る

5回裏に調子を取り戻し三者凡退でテンポよく終えると6回表松田がショートへのゴロを打つがショート平沢の悪送球もあり、2塁に進む。内川のゴロの間に松田は3塁へ。1死3塁でこの日復帰した福田周平がタイムリーヒットを放ち同点。
福田はそのまま3塁まで進み1死3塁とすると甲斐拓也がスクイズ。
打球はライン上でピタリと止まりスクイズ成功。さらに拓也も一塁に残る。
これで1点勝ち越し。
しかしここから追加点を奪うことは出来なかった。

工藤監督高橋礼を引っ張る。ここが勝敗の分岐点だったか。

序盤から不安定だった高橋礼が5回から調子を取り戻し、5回6回と3者凡退に抑えたためか、7回裏のマウンドにも高橋礼が上がった。
7回裏の高橋礼は先頭の荻野貴司を四球であるかせ鈴木大地に犠打で送られたところで松田遼馬と交代。これまで抜群の安定感を見せていた松田遼馬が清田に逆転2ランホームラン。アウトコース高めのストレート、捕手のミットはインローに構えられていた。失投だろう。

8回裏は武田翔太が投げ、無失点に抑える

逆転を許した松田遼馬は7回裏を投げ切り、8回裏は武田翔太に託した。武田翔太は無失点で8回裏を終えたがホークスは得点することができなかった。

総括・感想

昨日の逆転勝利の流れでこの日も戦えればよかったが、先発の高橋礼もイマイチ。しかもロッテ先発ボルシンガーの前に打線は沈黙した。
ボルシンガーは四球が多かった(5個)がホークス打線は三振が多かった(5個)ボルシンガーのナックルカーブに苦戦しているように見えた。ストレートが150km/hを超えるような投手ではないだけに何とか攻略法を見つけて次はリベンジして欲しい。





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.