福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

エースと守護神を救ったカリビアン

 
この記事を書いている人 - WRITER -

5月25日対ロッテ10回戦ハイライト・感想

スコア

ソフトバンク│102│000│000│3│6
 ロ ッ テ│000│000│201│0│3

スタメン

1⃣ 釜元豪(中) 5打数1安打
2⃣ 牧原大成(右二)5打数0安打
3⃣ グラシアル(左)5打数4安打
4⃣ デスパイネ(中)4打数2安打(2本塁打)4打点
5⃣ 松田宣浩(三)5打数4安打2打点
6⃣ 明石健志(二)4打数0安打
 周東佑京 1打数0安打
7⃣ 美間優槻(一)3打数0安打
打一川島慶三 1打数0安打1四球
8⃣ 高田知季(遊)5打数2安打
9⃣ 甲斐拓也(捕)3打数0安打1四球

投手起用

先発 千賀晃大8回被安打4、被本塁打0、奪三振9、与四死球1、失点2、自責点2
【勝】森唯斗1回1失点
【S】モイネロ1回無失点

打線好調序盤3得点

ロッテ戦の相性の良さを買われ 1番に起用された 釜元が期待通りに第一打席からヒット。さらに今宮に代わり3番に起用されたグラシアルもヒット。デスパイネは四球。そして松田のヒットで先制点。初回から流れを握った。
3回にはグラシアルが2ベースでやんすを作るとデスパイネがツーランホームラン。千賀の調子と合わせて考えれば完全に流れを引き寄せた。

千賀エースの矜持を見せた中5日登板8回2失点

ロッテ相手に勝てないチームを救うためにエースが中5日の登板を志願した。その千賀は4回までパーフェクト。ロッテ打線に付け入る隙を与えなかった。
しかし7回裏、清田、井上に連打を浴びレアードにタイムリーツーベース。
この日初得点を許した。その直後の角中は内野ゴロに仕留めたが、その間に3塁走者がかえりこの回2失点。4回以降ホークスの得点が無い中1点差に詰められたのは痛かった。角中の打点1は打ち取っていただけに勿体なかったなぁ。
この一連の流れでどこが分岐点だったかと振り返ると、角中の2ゴロは1塁に送るのが精いっぱいだったと思う。その前のレアードのヒットは牧原が懸命に追って飛び込んだけどあと一歩届かなかった。やはり上林であればどうしただろうと考えてしまう。やはりこれが故障者の多い現状での仕方のない部分であろう。

守護神森セーブ失敗

千賀は失点後の8回も3人で抑え球数128球で降板。
9回1点差のマウンドには守護神森が上がった。しかし先頭の清田に痛恨の同点弾。登板して3球目の出来事だった。その3球は全て外角高め。本塁打を打たれた3球目のカットボールは捕手のミットは外角低めだった。失投だろう。

延長突入驚異の底力を見せたホークス

延長10回表先頭打者は今最も頼りになる打者グラシアル。ロッテのクローザー益田からツーベース。続くデスパイネがツーランホームラン。1点リード。最高の結果だ。
さらに松田がソロHRで続いた。2点差。延長線の2点リードは大きい。大きなダメ押し点となった。2点のリードを持った10回裏のマウンドはモイネロ。
モイネロは3人で試合を締めた。

大暴れのカリビアン。

3番グラシアルは5打数4安打3得点とチャンスメークし、得点に絡んだ。
4番デスパイネは4打数2安打4打点と4番の仕事をしっかりと果たした。
しかも試合序盤、延長戦と大事な部分で二人とも大きな仕事をしてくれた。
守護神森で一時は同点に追いつかれ苦しい延長戦が予想されたが 、モイネロが試合を締めてくれた 、モイネロは3者凡退と安定の内容だった。
千賀が8回を投げ、直接森に繋いだことで森以外の投手を温存できていたことも功を奏した。







この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.