福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

ショック!大竹で沖縄連敗

2019/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

5月22日対西武11回戦ハイライト・感想

スコア

ソフトバンク│010│100│010│4
 西  武 │001│320│01x│7

スタメン

1⃣ 釜元豪(中)
2⃣ 三森大貴(一)
 美間優槻
3⃣ 今宮健太(遊)
走右周東佑京
 川島慶三
4⃣ デスパイネ(指)
5⃣ 松田宣浩(三)
6⃣ グラシアル(左)
7⃣ 明石健志(二)
二遊高田知季
8⃣ 甲斐拓也(捕)
 内川聖一
捕 高谷裕亮
9⃣ 牧原大成(右二)

投手起用

先発【負】 大竹耕太郎 4回2/3被安打12、被本塁打0、奪三振3、与四死球1、失点6、自責点4
川原弘之1回1/3無失点
推野新1回無失点
甲斐野央1回1失点

2回表ソフトバンク先制

二回先頭打者のグラシアルがセンターへヒットを放つ。明石は粘って四球を勝ち取る。甲斐拓也が送りバントを成功させ、牧原のショートゴロの間に3塁走者がホームイン。

3回裏同点に追いつかれる

秋山、源田と連続ヒットを打たれ、1アウト1,3塁のピンチ。
ここで3番外崎が犠牲フライを打ち同点に追いつかれた。

4回再び勝ち越し

4回表無死から明石が3ベースヒット。続く甲斐拓也は三振に倒れたが、牧原がツーベースヒットを打ち明石はホームイン。再び1点勝ち越し。なおも一死二塁。一番に帰って釜元はセーフティバントを決め1死1,3塁。しかし三森大貴の打席。森の捕逸を見て釜元が盗塁するも、盗塁死。大竹の調子を鑑みるとこのチャンスにもう一点取っておきたかったが、この後、三森も三振で終了。

4回裏3失点

4回裏森、中村に連打を浴び無死1,2塁。続く栗山はフルカウントととなったあと同点タイムリー。
無死1,2塁で木村文紀がテンポよく送りバント。1死3塁2塁。
この大ピンチに大竹が踏ん張り続く金子侑を三振。
秋山にはセカンドゴロを打たせたがこれを明石がファンブル。
その間に三塁走者がホームイン。再び1点勝ち越された。

感想

先制までは良かったが、4回表の盗塁死で流れを手放した。
更に4回裏のファンブルで完全に流れを持っていかれた。
昨日の東浜の復活失敗に続いての敗戦。沖縄二連敗となった。
対西武の対戦成績は6-5と追いつかれてきた。
リーグ順位は首位キープしているものの、2位楽天には1ゲーム差と迫られている。





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.