福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

雨天中断が流れを変えた。千賀無傷の5勝目で投手三冠。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

5月18日対西武7回戦ハイライト・感想

スコア

 西  武 │000│100│000│
ソフトバンク│000│020│00x│

スタメン

1⃣ 釜元豪(中)4打数2安打
2⃣ 周東佑京(右左)2打数0安打犠打2
3⃣ 今宮健太(遊)4打数1安打
 高田知季
4⃣ デスパイネ(指)2打数1安打1打点
5⃣ 松田宣浩(三)4打数1安打
6⃣ グラシアル(左)4打数0安打
 明石健志 
7⃣ 内川聖一(一)3打数1安打1四球
 三森大貴
8⃣ 牧原大成(二右)3打数2安打
9⃣ 甲斐拓也(捕)3打数0安打

投手起用

先発【勝】千賀晃大7回被安打4、被本塁打0、奪三振9、与四死球5、
【H】モイネロ1回無失点
【S】森唯斗1回無失点

序盤は日本ハムの流れ4回日本ハム先制

千賀は1回、3回と先頭打者を四球で歩かせる不安定な立ち上がりとなったが、後続をしっかりと抑え、3回までは無失点に抑えた。
しかし4回先頭打者の近藤の引っ張った打球がサードベースを直撃し大きく跳ねアンラッキーなツーベースとなる。このピンチに4番中田翔は三振に抑えたが、続く王柏融にタイムリーヒットを打たれ先制点を許す。

先制をされた直後チャンス到来

先制された直後の4回裏、松田がラッキーな内野安打で出塁すると、グラシアルは三振に倒れるが、その間に松田が2盗。得点圏に走者が進んだところで内川は申告敬遠。ここで8番牧原がヒット。2死満塁。
しかしここで打席に立った甲斐拓也はファウルフライで得点機を逃した。

4回裏終了後雨脚が強まり1点ビハインドのまま試合中断

4回裏終了後試合中断したが雨脚はなかなか弱まらず、中断は1時間となった。
その間も千賀は気持ちを切らさず、再開後の5回表、テンポよく三者凡退。

5回裏千賀の好投に打線がようやく応えた

5回表先頭打者の釜本が内野安打で出塁すると、周東が1球で送りバントを決めた。走者を2塁に置いて続く今宮がレフトへヒットを放つ。グラウンド状態が悪かったのか釜元は3塁ストップ。しかしここで奇跡が起きた。レフトの近藤がホームへ返球。これが逸れボールはファールグラウンドを転がる。これを見て釜元はホーム突入。捕手清水がボールを追ったが間に合わず、釜元はホームイン。
同点に追いつきその間に今宮も三塁へ進んだ。
4番デスパイネが犠飛を放ち勝ち越し。

甲斐キャノンも発動し、継投で1点差を守り切った。

7回、8回と走者を出したが、甲斐が盗塁を阻止した。

守護神藤崎台に降臨。

1点差の場面で森唯斗が登板。5月16日にも登板し不安は払拭した森だが、試合は4点差でありセーブシチュエーションでは無かった。
しかし今日は先日セーブ失敗した時と同様1点差。
森は3人を完璧に抑え全く不安を感じさせなかった。

感想

序盤の千賀の状態を見て危ないかも、と感じたが、1時間の中断で切り替えられたのか、素晴らしい投球で試合を作りなおした。
今日の勝利で千賀は勝利数、防御率、奪三振数の投手三冠となった。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.