福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

期待しすぎたか。一軍の洗礼推野初登板3被弾

 
この記事を書いている人 - WRITER -

5月15日対西武7回戦ハイライト・感想

スコア

  西 武 │032│032│001│11
ソフトバンク│100│220│002│7

スタメン

1⃣ 釜元豪(中)5打数2安打1打点1四球
2⃣ 周東佑京(右)3打数0安打
打二 三森大貴 2打数0安打
3⃣ 今宮健太(遊)5打数2安打
4⃣ デスパイネ(指)3打数1安打2四球
5⃣ 松田宣浩(三)4打数0安打1打点1四球
6⃣ グラシアル(左)4打数2安打1四球
 美間優槻 
7⃣ 内川聖一(一)4打数1安打1打点1四球
 高田知季 
8⃣ 牧原大成(二右)4打数1安打1打点1四球
9⃣ 甲斐拓也(捕)3打数1安打1四球
打 明石健志

投手起用

先発【負】推野新 2回被安打5、被本塁打3、奪三振2、与四死球3、失点5、自責点5
泉圭輔 2回無失点
加治屋蓮2/3回3失点
嘉弥真新也2/3回2失点自責0点
武田翔太2回2/3無失点
川原弘之1回1失点

両チーム合わせて14四球の締まらない試合

11-7と大差のついた試合だったがゲームセットまでどちらに転がるのかわからない試合だった。初先発の推野新は初回は良い角度で低めに投げ込んでいたが、甘いスライダーを外崎に打たれてしまった。先日ストライクが入らなくなり心配だった泉が2番手。今日はしっかり0で抑えた。
今日の北九州市民球場は狭くマウンドの高さも低い投手泣かせの球場ではあるが、登板する投手が皆崩れていく感じで特に終盤西武は圧倒的に点差をつけているにも関わらず、レフトスタンドは静まり返っていた。

推野はこれから。

推野は2回しか投げられなかったが、やっと1軍デビューを果たした。
これから武器を磨いてチームに貢献できるようになって欲しい。
今日何が悪かったとかいうことではなくまだ実力的に足りていないということだろう。しかし昨日も書いたが大きく羽ばたく可能性のある投手だと思う。
いきなり先発ローテーションに入ってづこうという風にはならないとは思うが、1軍で経験は積ませて欲しい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.