福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

新たなスピードスター周東佑京が打線を引っ張る

2019/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ミランダ7回2失点。周東佑京2安打2盗塁足で攻撃を引っ張る5月5日対オリックス8回戦ハイライト・感想

スコア

  オリックス│000│020│000│2
 ソフトバンク│001│311│10x│7

スタメン

1⃣ 三森大貴(一)
2⃣ 周東佑京(右)
3⃣ 今宮健太(遊)
 高田知季
4⃣ デスパイネ(指)
走指 上林誠知
5⃣ 松田宣浩(三)
6⃣ グラシアル(左)
 釜元豪
7⃣ 明石健志
8⃣ 甲斐拓也(捕)
9⃣ 牧原大成(中左)

投手起用

先発【勝】ミランダ 7回被安打5、被本塁打1、奪三振4、与四死球2、失点2、自責点2
川原弘之1回
加治屋蓮1回

スピードスターのもたらした先制点

両者無得点のままゲームは3回へ。
3回裏ホークスの攻撃。 2死から周東がレフトフェンス直撃のヒット。周東はレフトからの返球であることもお構いなしに2塁ベースを蹴り3塁へ向かう。
クロスプレーでタイミング的には危うかったが3塁ベースに頭から滑り込んだ。
その直後3番今宮がバットを折りながら、センター前に落とし周東はホームイン周東の3塁打が先制点を呼びこんだ。

思わぬ形で4回裏に追加点。

4回裏先頭打者松田、続くグラシアルの二人がオリックス福田、大城の連続失策で無死1,3塁となる。
続く明石がレフトへタイムリーヒットで追加点。
ここで攻撃の手を緩めることなく甲斐拓也は送りバントを決め1死2,3塁。
続く9番牧原もセンターへタイムリー3ベース。2点追加。
1死3塁とチャンスは続いていたが、ここでスクイズを仕掛け、三森が空振り。牧原は帰塁できずスクイズ失敗。三森は福田のエラーで出塁。周東の打席で三森盗塁失敗。これで3アウトチェンジ。この回オリックスは3つのエラー。スクイズの失敗三森の盗塁死はもったいなかったが、十分相手のミスに付けこみ追加点を奪えた。

5回表ヒットとホームランでミランダ2失点

5回表先頭打者マレーロは5球目高めストレートをセンターへ転がしヒット出塁。
続く宮崎は2球でフライアウト。続く伏見にはど真ん中に入ったストレートをレフトスタンドに放り込まれてしまう。この回3本のヒットと1本の本塁打。もっと崩されて、失点してもおかしくないと思うが、マレーロに出塁を許してもテンポを変えることなく淡々と投げたことが最少失点にとどめた要因でもあると思う。
この時点で4点のリードがあったのだから、慎重になりすぎて走者を溜める方が良くない。この回の投球は若手投手に参考にしてもらいたい。

カリビアン花火大会

5回にはデスパイネ、6回にはグラシアルとキューバ勢のソロホームラン。ダメ押し、ダメ押しのダメ押し。オリックスに追劇の雰囲気すら作らせなかった。

7回裏この回周東2盗、3盗

7回裏周東は出塁するとデスパイネの打席の3球目で2盗。6球目で3盗。
今後対戦球団は周東を塁に出したらプレッシャーが凄いだろう。

感想

周東の足が際立った試合だった。流石、走力を認められて育成からキャンプA組に抜擢されそのまま支配下登録されただけある。その期待にしっかり応えている。オープン戦、開幕当初はまだ息をひそめていたが、その本性がどんどん現れてきた。ホークスに本多以来の盗塁王が誕生するかもしれない。デスパイネの調子が良いようだ。低めの変化球を振らなくなってから調子が上がってきた。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.