福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

エース安定の投球。熱男2打点。成瀬をK.O.

2019/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

松田の活躍で初登板の成瀬を2回K.O.
エース千賀が試合を作り泉-モイネロの無失点リレー
5月4日対オリックス7回戦ハイライト・感想

スコア

 オリックス│000│000│000│0
ソフトバンク│202│000│00x│4

スタメン

1⃣ 川島慶三(二)
 釜元豪
2⃣ 周東佑京(右)
3⃣ 今宮健太(遊)
4⃣ デスパイネ(指)
走指 明石健志
5⃣ 松田宣浩(三)
6⃣ グラシアル(左)
7⃣ 内川聖一(一)
8⃣ 甲斐拓也(捕)
9⃣ 牧原大成(中二)

投手起用

先発【勝】千賀晃大 7回被安打3、被本塁打0、奪三振9、与四死球0、失点0
泉圭輔1回 失点0
モイネロ1回 失点0

序盤3回までに4得点。松田2打点。

オリックスの先発は元ロッテのエース成瀬。初回周東がヒットで出塁。
今宮はフライに倒れるが、周東は2盗。デスパイネは四球を選んでチャンス拡大。続く松田はレフトへの先制タイムリー俊足の周東は2塁から快速を飛ばしてらくらく本塁到達。1死1,2塁とし、続くグラシアルも右中間へヒット2塁走者デスパイネも巨体を揺らしホームイン。初回から2点を奪った倉野コーチの話では千賀の調子は最高ではないということだったが、千賀には無問題。ピンチは作っても抑えられる自信があるのか全く慌てず、淡々と抑える。
3回にはデスパイネが四球で出塁。ここで代走明石。松田がタイムリーツーベース。続くグラシアルがセカンドへの内野安打で1,3塁。これで成瀬K.O.
内川は確実に犠牲フライを打ち、4-0。
4点を先制し試合の主導権を握った。
千賀は7回まで9つの三振を奪ったが、その為球数を要し、7回で降板。
8回からはルーキー泉がマウンドを引き継いだ。
先発千賀がしっかり試合の流れを作っていたからか、8回泉、9回モイネロは全く危なげなくゲームセット。

感想

まさに投打のかみ合った試合。先発がしっかり抑えている間に4点先制。
sの4点リードを背負い投手は攻めの投球。
ロッテ時代には散やられた宿敵成瀬を2回でK.O.出来た。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.