福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

激熱札幌ドーム平成最後に相応しい白熱のゲームを制したのはホークス!甲斐拓也3安打4打点!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

4月29日対日本ハム戦2カード目3試合目

スコア

ソフトバンク│000│241│002│9
  日本ハム│202│110│000│6

スタメン

1⃣ 三森大貴(二)2打数1安打
 明石健志
2⃣ 周東佑京(左)4打数1安打
3⃣ 今宮健太(遊)3打数2安打
走遊 高田知季 1打数0安打
4⃣ 松田宣浩(三)5打数2安打
5⃣ デスパイネ(指)5打数5安打2打点
6⃣ 内川聖一(一)5打数3安打
7⃣ 上林誠知(右)5打数3安打2打点
8⃣ 甲斐拓也(捕)5打数3安打4打点
9⃣ 釜元豪(中)4打数0安打

投手起用

先発 東浜巨
【勝】泉圭輔2回、1失点
【H】モイネロ1回、無失点
【H】甲斐野央1回、無失点
【S】森唯斗1回、無失点

東浜中々調子が上がらず今日も勝ち投手ならず

先発東浜は初回、1番西川にヒットを打たれると中田翔は攻めきれずに四球。王柏融へ投じたシンカーが高めに浮きフェンス直撃の2点タイムリーを打たれた。
西川に打たれた。東浜は4回5失点と先発の役目を果たせなかったが、中継ぎが粘り強く投げ、その間に野手陣が逆転したため、勝ち投手泉となり泉が2勝目を手にした。

打線が苦手上沢を攻略して厳しい試合を制した

腰に違和感を感じた牧原がスタメンを外れたため今日の1番は三森大貴。同じく俊足の周東と1,2番コンビを組んだ。
3点ビハインドの5回表には三森がセーフティバント足を使って出塁をもぎ取るが、周東のセカンドゴロで走者アウト。打者走者の周東は1塁に残ったが、疎の周東は今宮への初球で2盗4球目で3盗を決め足でチャンスメイク。今宮も四球で出塁した後2塁まで進み2死3塁2塁とすると、5番デスパイネの外野フェンス上部に当たるタイムリーヒットで2点を返す。これがきっかけとなり、続く内川、上林、甲斐拓也の連続ヒットで更に2点を追加この回一挙4得点し逆転。逆転に成功すると不安定だった東浜に代わり泉が登板する。1点返されるも逆転を許さなかった。このことがどちらに転ぶかわからなかった試合の流れを決定づけたと思う。

総括・感想

先発東浜は試合を作れなかったが、ビッグイニングを作らず、一方的な流れにせず耐えたこれがのちの攻撃に繋がった。
日本ハムは5回裏大田の内野安打、1塁ヘッドスライディングから、三森の悪送球などでチャンス拡大したが、同点に追いつくにとどまり勝ち越すことは出来なかった。ここで逆転されていたら危なかった。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.