福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

守護神堕つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

4月24日対オリックス戦(第2カード2試合目)ハイライト・感想

スコア

オリックス  │000│100│002│3
ソフトバンク │010│010│000│2

スタメン

1⃣ 牧原大成(中)
2⃣ 周東佑京(右)
3⃣ 今宮健太(遊)
4⃣ 松田宣浩(三)
5⃣ デスパイネ(指)
6⃣ 内川聖一(一)
7⃣ 明石健志(左)
8⃣ 甲斐拓也(捕)
9⃣ 三森大貴(二)

投手起用

先発 武田翔太 6回被安打8、奪三振5、与四死球1、失点1
【H】泉圭輔2/3回
【H】嘉弥真新也1/3回
【H】甲斐野央1回
【負】森唯斗1回

武田翔太好投6回1失点リードを保って降板
9回森が打たれ敗戦。

前回登板では勝負所の際どい球をボールと判定され悔しい敗戦となった武田翔太は今日は早めの勝負でテンポよく相手打線を抑え込んだ。
7回のマウンドに上がり先頭の小島に死球を与えるとここで泉と交代。
泉、嘉弥真、甲斐野とセットアッパーは無失点でつないだが9回を任された森がまさかの2失点。その裏の攻撃でも点は奪えず、森唯斗が敗戦投手となった。

周東バスターエンドラン三森3ベース復帰した天才明石は好守備

1回先頭打者牧原大成が投手のファンブルで出塁すると、2番周東でバスターエンドランを仕掛ける。周東は初球でバスターを決め無死1,2塁。結局この回は得点にはつながらなかったが、牧原-周東の1,2番のチャンスメーク力は示した。
2月に腰の手術を受けリハビリ組だった明石健志が2軍での1試合を経て1軍昇格し左翼手として森即スタメン。4回にはフェンスギリギリの振りを捕球し3塁走者のタッチアップは許したが、2塁走者の進塁は阻止。捕球から送球のスムーズな動きを見せた。

総括・感想。

武田翔太は前回の反省を生かし好投したが、森唯斗がまさかの失点で敗戦投手に。こんな日もあるだろう。森唯斗はもはやサファテの代役ではなく守護神と言ってよい。次のセーブシチュエーションできっちり抑えられるかどうかが肝心となる。それについては工藤監督はじめだれも心配していない。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.