福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

千賀、連敗を止めるエースの投球で今シーズン初勝利!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

4月19日対西武ライオンズ戦(2カード目1試合目)ハイライト・感想

スコア

ソフトバンク│002│000│000│2
西   武 │000│000│000│

スタメン

1⃣ 牧原大成(二)
2⃣ 釜元豪(中)
3⃣ 今宮健太(遊)
4⃣ 松田宣浩(三)
5⃣ デスパイネ(指)
6⃣ 内川聖一(一)
7⃣ 上林誠知(右)
8⃣ 甲斐拓也(捕)
9⃣ 高田知季(二)

投手起用

先発【勝】千賀晃大 9回被安打2、被本塁打0、奪三振11、与四死球3、失点0
【S】森唯斗1回

打線大胆改造が成功3回表四球から三連打。今宮、松田連続タイムリー。

前カードロッテ戦にて相手を上回る安打を放ちながらも得点で下回るという繋がりの悪さを露呈した打線に手を入れた。
好調松田を4番に今同じく好調の今宮を3番に。下位打線を打っていた釜元を上位い持ってきて2番に置いた。これが成功。3回表、2死から1番の牧原が四球で出塁すると、2番釜元のセンター前ヒットで無死3塁1塁とチャンス拡大。そのチャンスに今宮がライトへタイムリーヒットで1得点で尚も3塁1塁。4番松田もセンターへタイムリー。この回2点の先制点を奪った。

しかしその後は奮わず、6回表に無死満塁、7回表に1死3塁のチャンスには共に無得点。特に6回表の得点機に上林のファウルフライ、甲斐拓也のスクイズ失敗は大きく流れを悪くした。

度重なる拙攻、名手今宮の2つの失策にも動じず8回無失点で守護神に繋ぐ

先発千賀は序盤から150km/h台後半のストレートで押し6回まで失策、四球以外の走者を許さなかった。6回表の無死満塁で1点も取れなかった後、今宮の失策が出るなど明らかに流れが悪くなったが、その流れに飲まれずしっかりと踏ん張った。これがエースの投球だ。千賀は今シーズン初勝利。しかもメットライフドームでもプロ初勝利。

総括・感想

今シーズン開幕から『自覚』を体現してきた千賀の渾身の投球がようやく実を結んだ。ロッテに三連敗してチームがうつむき加減の時にチームに勇気を与える価値ある1勝となっただろう。
千賀がキャンプ中からずっと口にしている「自覚」がようやく実を結んだ。しかしこれで終わりではない。今シーズンこの調子で投げ切り投手タイトルも取りチームを優勝まで導いて大エースへと成長してほしい。
打線組み換えも成功したように思う。松田4番、今宮3番論は以前から解説者を中心に良く出ていた。内川は野手のいないところにポトリと落ちる独特のバッティングは健在ながら、柵越えは少なく相手の外野が前進守備で守れるためヒットゾーンが狭くなる。しかしその守備をかいくぐってヒットを打つのが点差打者内川聖一だろう。6,7番辺りにいてクリンアップが帰し損ねた走者を帰す役割を担うならば相手にとって嫌な存在となるだろう。
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.