福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

勝手にギータの早期復帰プランを妄想する。

2019/04/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

チームはギータショックから徐々に回復している。
離脱直後はうそでしょ?ってくらい点が入らなかったけど、要所で釜元が打ち、拓也が打ち、釜元が打ち、皆でギータの穴を埋めている。なので無理して完全に治る前に復帰することは無いと思うのだが、ギータには目標がある。「小久保越え」だ。福岡ホークスの黄金時代。多くのホークスファンはまだあの時代から脱却しきれていない部分もあると思う。すべてのホークスファンがあの黄金時代から新しい時代へと進むために本塁打数小久保越え、出来れば同時に令和初の三冠王を獲得して欲しいのだその記録の塗り替えを達成して欲しいのだ。
その為にも出来る限り早く万全の状態で、復帰して欲しい。
既にバッティング練習は始めていて、打つ方は問題ないという事だ。つまり守備走塁はまだ難しいという事だろう。

そこで考えたのがDH復帰プランだ。DHはデスパイネの定位置になっているが、一塁を守ってもらう。一塁には内川の定位置だ。その内川にはレフトに入ってもらう。レフトはこのところ牧原が守ったり川島が守ったりしている。いずれも無難にはこなしているが残念ながら外野手の動きではない。内川もデスパイネも外野守備経験はある。デスパイネと内川のどちらがレフトを守った方が良いのかはわからないが、五十歩百歩では無いだろうか。内川とデスパイネがレフト若しくは一塁。牧原は二塁に戻し、DHには柳田悠岐。これでどうだろう。

本当は完治が最優先だ。柳田の記録は頑張って欲しいが故障を完治させて2倍のペースで打ちまくってもらいたい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.