福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

4月9日、日本ハム戦 ハイライト

2019/04/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

長崎は今日も雨だった。10回表雨天コールド引き分け柳田を欠く打線の決定力不足。

スコア

日本ハム    │101│000 │100 │000│0x │3
──────┼──┼──┼──┼─ ┼─ ─┼─
ソフトバンク│000│201 │000 │000│ │3

スタメン

1⃣ 牧原大成(二)
2⃣ 今宮健太(遊)
3⃣ 内川聖一(一)
4⃣ デスパイネ(指)
5⃣ 松田宣浩(三)
6⃣ 川島慶三(左)
7⃣ 上林誠知(右)
8⃣ 甲斐拓也(捕)
9⃣ 真砂勇介(中)

投手起用

先発 東浜巨 5.2回125球、被安打4、奪三振7、与四球5、失点2、自責点2
【H】嘉弥真新也0.1回- 奥村 政稔 0.1回-モイネロ1.2回-森唯斗1回

スタメン左翼川島慶三中堅真砂勇介

柳田悠岐が離脱した打線の3番は内川聖一4番はそのままデスパイネ、5番には松田宣浩。外野守備には柳田の登録抹消に伴い昇格した真砂勇介が中堅に入りと2年ぶりの外野守備となる川島慶三が左翼に入った。
プロ初ヒット初本塁打とのっている長崎出身の釜元豪はスタメンに入らなかった。相手先発が左投手の上原だった為か。

6回裏の決定機に勝ち越せず

6回裏先頭打者のデスパイネが四球を選び出塁。松田も四球を選び出塁。続く川島が送りバントで1死2-3塁。ここで相手投手が右の玉井から左の堀に交代。
次打者上林はタイムリーヒットで1点を入れ1,3塁更に上林が盗塁を決めチャンスを拡大した(1死2-3塁)。しかし8番甲斐、9番真砂は連続空振り三振。ここで犠牲フライなりスクイズなりの追加点が欲しかった。

東浜調子上がらず奥村-モイネロで失点

先発の東浜は5回1/3を投げ4本の被安打、5つの四球を出すなどで2点を失ったが奪三振7でピンチに大量失点をせず食い止めた。3-2で1点リードの7回に登板した奥村はいきなり二本の安打で走者を貯め、暴投で無死3塁2塁とピンチを広げたが、続く中田翔からは三振を奪う。左の王柏融の場面でモイネロと交代するもモイネロが王に犠牲フライを打たれ同点。

総括

降雨は続いていたが延長10回表、雨が激しくなり、試合中断から再開できずコールド終了。3-3の同点で引き分けとなった。
6回のチャンスに追加点が取りたかった。セットアッパー陣を信じて三塁走者デスパイネに代走を送ったりして勝ち越すことを優先してみても良かったかもしれない。東浜は前回登板よりは良かったがまだまだ本調子では無いようだ。
早く本来の姿を取り戻して貰いたい。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 珠取獅子 より:

    勝てる試合を、引き分けは情けない。何故奥村を出したのか。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.